(株)ケイ・アイ・エム社長の”kimlog”

ONLY ONEのサービスを提供するNEWスタイルの保険と車のプロSHOP【KIM OFFICE】

【Apple社】自動運転の公道試験の認可をカリフォルニア州にて認可申請!

2017年04月19日 07時52分42秒 | NEWS・業界情報

以前から自動車分野への参入を目指すMac iPhone i Padを作る米国のApple社が2017年4月14日に自動運転の公道試験の認可をアメリカ カリフォルニア州の運輸当局にて認可を取ったことを発表した。走行試験車両はGoogle社と同様のレクサスRX450hクロスオーバー3台の車を使用して行うとのこと。Appleは2016年12月に自動運転技術の開発を進めていることを明らかにしていた。自社の運転技術を開発して他の企業に売却する可能性があると言われている。Googleは、完全自動運転車の開発を傘下に持つアルファベット社の自動運転研究子会社「ウェイモ(Waymo)社」について自身の将来の車のプロジェクトに技術を使用すると発表した。2017年1月8日に北米で開催するデトロイトモーターショー2017で正式発表した。フィアット・クライスラーは約100台のミニバン・ハイブリッドのパシフィカ ハイブリッドをミシガン州の施設で開発を行う。フィアット・クライスラー・オートモービルズ(Fiat Chrysler Automobiles(FCA))と、自律走行車の分野でのウェイモ(Waymo)社と技術提携を行うことを発表した。ホンダは市街地まで自動走行できる完全自動運転車の開発をグーグル傘下に持つアルファベット社の自動運転研究子会社「ウェイモ(Waymo)社」と提携すると2016年12月22日に発表した。ホンダは2020年頃に高速道路での自動運転実用化を目指しているという。自動運転分野でグーグルと提携するのは国内メーカー初である。BMW、フォード、ゼネラルモーターズ、メルセデスベンツ、テスラ、フォルクスワーゲンなども自動運転技術参加している。Appleの自動車の野望は、初期の報告書によれば、同社がハイテク電気自動車のコードネームProject Titanに取り組んでいることが示唆されたため、議論の源泉となっている。デザインや中のカーナビなどをAppleが行い、生産供給をテスラモーターに任せるのではと噂されている。噂ではテスラモーターズのApple Carを制作する部隊に多くの人員をさき、更に多くの人を他社メーカーから引き抜きを行い制作を進めていると思われる。2020年の発売を目指しているが、コンセプトカーなどの公開は2019年頃を目指しておりあと数年で具体的な仕様が見えてくると思われる。


【情報元】 最新自動車情報2016

新型車の情報はこちら スクープ!NEWモデル!!

(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd

 kimlog昨日の閲覧数・訪問者数とランキング

gooアクセスランキング
閲覧数:4311PV 訪問者数:1112
IP / 順位:250
車と保険のプロショップ

kim-office (kimoffice1) on Twitter

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 車ブログへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メルセデスベンツ「Gクラス」... | トップ | 台湾から提携企業の担当者が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL