(株)ケイ・アイ・エム社長の”kimlog”

ONLY ONEのサービスを提供するNEWスタイルの保険と車のプロSHOP【KIM OFFICE】

【スズキ】新型「スペーシア・カスタム」に新グレードを12月26日発売!

2016年12月07日 07時03分45秒 | NEWS・業界情報

スズキは新型スペーシア カスタムZを2016年12月26日に発表し発売を開始する。スペーシアは2008年1月から販売されていた「パレット」に替わる実質的後継車として発表された。5代目ワゴンRで初採用された「スズキグリーンテクノロジー」を導入。一部改良モデルを2015年5月19日より発売クラストップレベルの低燃費32.0km/Lを達成するとともに、軽自動車で初めてステレオカメラ方式の衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」を搭載して発売する。一部改良では、スペーシア スペーシア カスタムのNA(自然吸気)車に、静かでスムーズなアイドリングストップからのエンジン再始動を実現した「S-エネチャージ」を搭載した。さらに、モーターアシストする時間と頻度を増やした「S-エネチャージ」と燃焼効率を高めるなど改良を施したR06A型エンジンを組み合わせることで、クラストップレベルのJC08モード燃費32.0km/Lを達成。今回のスペーシアカスタムZは現在クラストップのJC08モード燃費32.0km/Lであり他社の軽ハイトワゴンではホンダ N-BOX JC08モード燃費:25.6km/L。ダイハツ タントはJC08モード燃費28.0km/Lであるが、残念ながら売上では11月の軽四輪車通称名別新車販売速報によると1位 ホンダ N-BOX3位 ダイハツ タント8位 スズキ スペーシアとなっており、テコ入れが必要な状況である。原因としては以前から売れない理由としてあげられるデザインであるとの市場での反響もあり、そこで今回の新型スペーシアカスタムZを発売する様子である。エクステリアはヘッドランプ、フロントグリル、エアロをデザイン変更しイメージを一新している。更にツートンカラーを3色ラインナップし全10色を用意している。

 
【情報元】 最新自動車情報2016

新型車の情報はこちら スクープ!NEWモデル!!

(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd

 kimlog昨日の閲覧数・訪問者数とランキング

gooアクセスランキング
閲覧数:3606PV 訪問者数:827
IP / 順位:478
車と保険のプロショップ

kim-office (kimoffice1) on Twitter

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 車ブログへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【台湾出張の旅in台北】3日目... | トップ | 帰国後に恐ろしく忙しい状況... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL