(株)ケイ・アイ・エム社長の”kimlog”

ONLY ONEのサービスを提供するNEWスタイルの保険と車のプロSHOP【KIM OFFICE】

【ホンダ】新型「CR-Vハイブリット」は1.5Lターボ搭載!2017年10月頃発売!

2017年04月21日 08時57分07秒 | スクープ!NEWモデル!!

ホンダは新型CR-Vのフルモデルチェンジを2017年10月頃に発売する。新型CR-Vは1.5L 4気筒ターボエンジンVTEC Turboと安全運転支援システムである「Honda SENSING」を搭載。新型CR-V ハイブリッドは、2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド) i-MMD」を搭載し、力強い走行性能と優れた環境性能を両立した。2017年4月19日から開催された上海モーターショー2017で中国モデルの新型CR-V ハイブリットを世界初公開した。現行モデルは4代目で2011年11月28日から販売が開始されたミドルサイズのクロスオーバーSUVである。しかし、日本では2016年3月31日に日本国内向けはマイナーチェンジを受けることなく、大ヒットとなったヴェゼルに吸収される形でオーダーストップ・生産終了が決定。2016年4月以降は在庫対応のみとなる。欧州ではCR-Vのマイナーチェンジが予定通り行われ販売を続けている。そんな中、6年目となる2017年に5代目となるフルモデルチェンジを行い発売を開始する。フルモデルチェンジに伴い、現行モデルよりも大きなサイズとなり。3列シート7人乗り仕様の設定するとも言われている。新型シビックに採用された新開発となるダウンサイジングターボ1.5L直4直噴VTECターボ搭載や2.0L 4気筒エンジン、ハイブリッドドライブトレインなどもラインナップされる。更に、先進の安全運転支援システムである「Honda SENSING」を搭載する。アンドロイドベースの7.0インチタッチスクリーンディスプレイオーディオシステム搭載。「Apple CarPlay」と「Android Auto」に対応。アンビエントLEDライティング、エレクトリックパーキングブレーキ、後席用USBポート、ハンズフリーテールゲートゲートを装備。新型CR-Vのサイズは全長:4,597mm/全幅:1,854mm /全高:1,679mm/ホイールベース:2,659mm。エンジンラインナップは2.4L 直列4気筒i-VTECエンジンは最高出力184hp/6,400rpm/最大トルク244Nm/3,900rpm。1.5L 4気筒ターボエンジンVTEC Turboは最高出力190hp/5,600rpm/最大トルク243Nm/2,000-5,000rpm。そして、ホンダの新ハイブリッド「SPORT HYBRID i-DCD」の1.5L i-VTEC+モーターシステムを搭載する。1.5L直4 i-VTEC+モーター。最高出力:110ps/6,000rpm/最大トルク:13.7kgn/5,000rpm/モーター最高出力:29.5ps/1,313~2,000rpm/モーター最大トルク:16.3kgm/0~1,313rpm/システム最大出力:132ps/6,600rpm/システム最大トルク:15.9kgm/4,600rpm。トランスミッションは全グレードにCVTを採用、Honda独自の変速制御「G-Design Shift」を適用している。


【情報元】 最新自動車情報2016

新型車の情報はこちら スクープ!NEWモデル!!

(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd

 kimlog昨日の閲覧数・訪問者数とランキング

gooアクセスランキング
閲覧数:4311PV 訪問者数:1112
IP / 順位:250
車と保険のプロショップ

kim-office (kimoffice1) on Twitter

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 車ブログへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【本日のオークションリザル... | トップ | 【万が一トラブルの際は】弊... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL