(株)ケイ・アイ・エム社長の”kimlog”

ONLY ONEのサービスを提供するNEWスタイルの保険と車のプロSHOP【KIM OFFICE】

【USS東京会場AA】今日も早朝からバックオーダーの下見をしております!

2017年10月12日 08時25分41秒 | 【オークション】AA日記

早朝から場内バスを乗り継いでロープライスコーナーそして部品取りのコーナーも物色して参りました

ビジネスユースなオーダーでかなり古いミニバンが欲しいお客様向けにも1台1台確かめて歩いております


なかなか買えなかったバックオーダーの70系は「ノア」にて決着
車高調にマフラー(シルクブレイズ製)にHID等々カスタマイズされた決まりモノでございまして

こちらの「エクストレイル」はレアな1台6速マニュアル(M/T)のディーゼルターボでございます

*その他、輸出用の下見は海外へ画像が流出してしまうので自粛中でございます
本日は自社落札は6台

毎週更新中【オークション】AA日記

オークションはお任せ!実績と豊富な経験でアドバイス!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【マツダ】新型「RX-7」は次世代ロータリーエンジン搭載!2018年発売!

2017年10月12日 06時53分41秒 | スクープ!NEWモデル!!

マツダは新型RX-7のフルモデルチェンジの開発を進め、2018年に発売を開始する予定だ。第45回東京モーターショー2017にて量産モデルに近いコンセプトモデルを発表する。2017年は、マツダのロータリーエンジン50周年となる節目の年であり重要な発表があるはずだ。RX-7の開発をしていると噂になっている?RX-9じゃないのか?とも言われているのだが・・・多くの国内外メデイアや自動車ファンサイトなどでRX-7報じられている。理由としてはRX-8のコンセプトモデルMazda RX-VISIONは4シーターではなく、RX-7と同じく2シーターであることだ。しかし、東京モーターショー2017で発表されるコンセプトモデルのティーザー画像は4ドアモデルのコンセプトである。RX-7は2002年に生産が終了したモデルである。2003~2012年まではRX-8を発売したが、現在は販売を終了している。マツダ RX-7と言えばロータリーエンジンを搭載したスポーツカーで今でも多くの愛好家を有する国産スポーツカーである。新型は次世代RE ロータリーエンジンの「SKYACTIV-Rスカイアクティブ・アール)」を搭載。2016年3月24日「SKYACTIV-R」の「Rotary Piston Engine Mounted on Vehicle」特許申請がされた。2ローターや2スパークプラグ、サイドポートに変更はない。下方吸気/上方排気/上方ターボといったレイアウト変更や、ポート噴射とはいえ燃焼室により近くなったインジェクタ、排気管の取り回しが見られる。新型RX-7の為だけにプラットフォームを新開発するとはコスト的に考えて難しいと思われるため、プラットフォームを共有するのではないか?と言われている。ロードスターに関しては既にアルファロメオとプラットフォームを共有していることも同様の理由だ。つまり新開発SKYACTIVシャシー+新開発ロータリーエンジンを組み合わせたモデルとなる。


【情報元】 最新自動車情報2016

新型車の情報はこちら スクープ!NEWモデル!!

(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd

 kimlog昨日の閲覧数・訪問者数とランキング

gooアクセスランキング
閲覧数:8011PV 訪問者数:748
IP / 順位:388
車と保険のプロショップ

kim-office (kimoffice1) on Twitter

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 車ブログへ

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ONLY ONEのサービスを提供するNEWスタイルの保険と車のプロSHOP【KIM OFFICE】

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 車ブログへ ブログ王 車ブログへ

(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd