喜久家プロジェクト

日本一細長い半島、四国最西端「佐田岬半島」。 国内外からのボランティアとともに郷づくり「喜久家(きくや)プロジェクト」。

平成15年度 日米国民交流若手教員の米国派遣  “Boys, be ambitious!”「少年よ大志をいだけ!」

2016-09-18 | 感動
 今から13年前、平成15年9月18日、成田空港からアメリカに向けて飛びたった。
後の報告書に次のようなことを書いていた。
 
 『私は、愛媛県の西端で社会科を教える一教師。
日本地図では、地名が載っていますが、世界地図になると当然のことながら地名は記されていません。
直径80㎝の地球儀から眺めても、その小ささにがく然とします。
地球は、とてつもなく広いのです。
 
 毎日の通勤距離が、往復60㎞。
購入10年目の愛車は、走行距離22万㎞を突破しました。
地球1周が約4万㎞と考えると、地球を5周半走ったことになります。
地球は、思ったより狭いようです。
 しかし、自分では実感がわきません。
地球の大きさがよくわかっていない自分がいました。

 海外旅行の経験は、これまでに韓国に1回だけ。
世界のこと(アメリカのこと)を写真やビデオ、説明などで授業をしますが、
本当のところはよくわかっていない自分がいました。
 
 大学生の頃、日本中をバイクで旅し、今でも旅は大好きです。
その魅力の1つは、自然を生で体感できるということです。
さまざまな地形と気候、そしてそこでたくましく生きる動植物が、自分の目の前に広がっているのです。

 もう1つの魅力は、さまざまな環境で生き、さまざまな考えを持った人に出会えることです。
その出会いは、今までと違う新たな自分との出会いにつながっていきます。
多くの人と出会い、つながりをもっていくことは、これからの教育において、とても大切なことだと感じています。
  
 ちょうど150年前、アメリカ合衆国の東インド艦隊司令長官ペリーが、4隻の黒船を率いて日本にやって来ました。
このときから、日本とアメリカの関係が本格的に始まります。
それ以後多くの人たちが互いに行き来し、交流を深め、時代をつくってきました。

 私の勤務校である伊方町立伊方中学校の前身は、伊方実践農学校という私立の学校です。
佐々木長治という人が、教育によるよりよい人づくりをめざし開校しました。
その初代校長として、札幌農学校で学んだ児島喜作先生が赴任しました。
児島先生は、札幌農学校でアメリカのクラーク博士から学んださまざまなことを人づくりに生かしたことでしょう。

“Boys, be ambitious!”「少年よ大志をいだけ!」。
記念すべき150年目、この言葉を胸に私の研修は、始まりました。』


 
 飛行機からアメリカの大地を見おろす。
どこまでも広がる平原。





 穀物を育てるセンターピボット。
世界の食料庫アメリカの規模の大きさに愕然。



 ついにデンバー空港に降り立つ。



 時差ぼけもなんのその。
州都デンバー(人口50万2000人)の中心地へ繰り出す。
見るもの全てが新鮮で、できるだけ多くのことを吸収したい気持ちでいっぱいだった。
 






 青年よ大志を抱け。

               岬人(はなんちゅう)


 
  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成15年度 日米国民交流... | トップ | 初めてのアメリカ ~コロラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

感動」カテゴリの最新記事