喜久家プロジェクト

日本一細長い半島、四国最西端「佐田岬半島」。 国内外からのボランティアとともに郷づくり「喜久家(きくや)プロジェクト」。

ばあちゃんの気配り

2016-10-18 | 家族
共働きしている私たち夫婦。
帰りが遅くなった時、食卓におかずの盛り合わせがある。
 母が作ってくれたものだ。
 
 娘が説明してくれる。

「これ、ばあちゃんが、おかずにどうぞ、って作ってきてくれたよ。」
心が温かくなる。
そして思い出すことがあった。

 今は亡き私の祖母が、家族の食事を作ってくれていた。
母は、畑仕事で忙しく昼食や夕食を祖母が作ってくれていた。
 昔の人なので、見た目も味もあまりよくない。
母が作ってくれた方が、当然のことながらおいしかった。

 でも子ども心に、台所に向かい野菜を1つ1つ包丁で切り、
味付けするばあちゃんの姿がありがたかった。
だから、あまりおいしくなくても、文句も言わず食べた。


                  「18年前の祖母とのひとコマ」

 昨夜、そんな幼き頃の思い出が浮かんできたのだ。
妻が作ってくれた方が、見た目も味もおいしい。
でも、「孫たちに食べさせてあげよう。」
「妻のおかず作りの負担を軽くしてあげよう。」

という気持ちが感じられた。


 私が幼き頃にばあちゃんからしてもらったことを、
娘たちもばあちゃんからしてもらっている。
 同じ敷地に暮らす二世帯暮らしのいいところ。
田舎には、そんな良さがまだ残っている。


              岬人(はなんちゅう)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どうして「お母さん」って呼... | トップ | 見返りを求めない努力を精進... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL