喜久家プロジェクト

日本一細長い半島、四国最西端「佐田岬半島」。 国内外からのボランティアとともに郷づくり「喜久家(きくや)プロジェクト」。

平成15年度日米国民交流若手教員のアメリカ派遣 ~アメリカの豊かさの影~

2016-09-24 | 感動
 平成15年度日米国民交流若手教員のアメリカ派遣をふり返る。
9月22日から28日までは、デンバーでの語学研修と生活や習慣に慣れるための準備期間。

 旅行会社の人から強く言われたことがある。
「ホテルから遠い通りになればなれほど治安が悪くなりますから、○○ブロックまでしか行かないでください。」
そういったことを言われると様子を知りたくなる。

 運動不足の解消や地域のことをよく知るためによくジョギングをしていた。
ダウンタウンへ走ったり、駅へ走ったり。
そして28日、行ってはいけないと言われた場所へ足を走らせた。

 そのエリアに入ってまず目にしたのが、日本でいうところのホームレス。


 さらにエリアの奥に入って行くと、地べたに座る人だかり。


 多くの人たちがこちらを見た。
でもその視線は、明らかにちょっとちがっていた。
昨日までの気さくで、明るい目ではなく、私の様子をうかがっているような。

 そしてさらにホテルから遠ざかっていくと、人の姿がほとんど見あたらない。
ときおり、開いているドアの奥から見られているような視線があった。

 何かトラブルに巻きこまれてはいけないと思い、元来た道を帰って行った。


 豊かなアメリカで初めて見る影の部分。
経済は人を変え、街を変えるのかもしれない。
そんな部分をもっと知りたくなった。

        岬人(はなんちゅう)
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成15年度日米国民交流若... | トップ | お彼岸に娘たちとお墓参り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL