喜久家プロジェクト

日本一細長い半島、四国最西端「佐田岬半島」。 国内外からのボランティアとともに郷づくり「喜久家(きくや)プロジェクト」。

平成15年度 日米国民交流若手教員の米国派遣 ~コロラド集団のすばらし仲間たち~

2016-09-18 | 感動
 平成15年9月17日、翌日の出発を前に成田空港のホテルに全国から集まった10名の仲間たち。
6月の筑波での研修以来の再会。

 コロラド州ボールダー班。
福岡県出身のコロラド集団団長の春野克俊(小学校教員)。
山形県出身の今 将史 (小学校教員)。
静岡県出身の亀井慎一 (中学校教員)。
鹿児島県出身の石神純子(高校教員)。
鳥取県出身の八田紀子 (小学校教員)。

 コロラド州フォートコリンズ班。
福岡県出身の因幡隆幸 (高校教員)。
宮城県出身の浦山正幸 (小学校教員)。
京都府出身の井口博恵 (小学校教員)。
高知県出身の三瀬薫子 (小学校教員)。

そして、愛媛県出身の副団長の私、浅野長武(中学校教員)。

 全国からさまざまな立場で活躍するすばらしい仲間が集まった。
大きな夢と期待を抱いて。

 私たちの研修テーマは、
feel ・ challenge ・ dramatic  ~ 和 ~

 この研修を通して、「和」の意味を見つめ直し、「和」の心を大切にしていきたいと考えた。
そして団員一人一人がfeel(心を感じて)、
challenge(勇気を出して思いを伝え)、
dramatic(新しいドラマを生み出すこと)
の意味を考え、行動する。
 このことで、出会ったアメリカの多くの人々(学校、地域、家庭)と私たち団員に、大きな「和」が生まれてくるだろうと考えた。

 そして9月18日(木)、成田発17:10、ユナイテッド航空876便。
シアトル経由、デンバー着 14:45。



 控え室の様子



 出発前





 いよいよ出発の時。
外から日本を、外からふるさとを感じる旅の始まり。

                      岬人(はなんちゅう)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日米国民交流・若手教員の米... | トップ | 平成15年度 日米国民交流... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

感動」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL