goo

少年時代に亡命を決意していたマキシム・ショスタコーヴィッチが亡命の翌年に聴かせた「颯爽とした」音楽

2010年11月25日 10時38分35秒 | BBC-RADIOクラシックス



 1995年の秋から1998年の春までの約3年間にわたって全100点のCDが発売されたシリーズに《BBC-RADIOクラシックス》というものがあります。これはイギリスのBBC放送局のライブラリーから編成されたもので、曲目構成、演奏者の顔ぶれともに、とても個性的でユニークなシリーズで、各種ディスコグラフィの編者として著名なジョン・ハントが大きく関わった企画でした。
 私はその日本盤で、全点の演奏についての解説を担当しましたが、それは私にとって、イギリスのある時期の音楽状況をトータル的に考えるという、またとない機会ともなりました。その時の原稿を、ひとつひとつ不定期に当ブログに再掲載していきます。そのための新しいカテゴリー『BBC-RADIO(BBCラジオ)クラシックス』も開設しました。
 なお、2010年1月2日付けの当ブログでは、このシリーズの特徴や意義について書いた文章を、さらに、2010年11月2日付けの当ブログでは、このシリーズを聴き進めての寸感を、それぞれ再掲載しましたので、合わせてお読みください。いわゆる西洋クラシック音楽の歴史におけるイギリスが果たした役割について、私なりに考察しています。

 以下の本日掲載分は、第3期発売の15点の3枚目です。

  ========================

【日本盤規格番号】CRCB-6063
【曲目】ベルリオーズ:交響曲「イタリアのハロルド」作品16
      :歌曲集「夏の夜」作品7
      :ブルターニュの若い狩人 作品13‐4
【演奏】マキシム・ショスタコーヴィッチ指揮BBC交響楽団
      ブルーノ・ジュランナ(ビオラ)
    チャールズ・マッケラス指揮フィルハーモニア管弦楽団
      ジェニファー・スミス(ソプラノ)
【録音日】1982年9月2日、1979年1月9日


■このCDの演奏についてのメモ
 このCDでは、「イタリアのハロルド」でBBC響を指揮をしているマキシム・ショスタコーヴィッチの名前が、まず目を引く。
 マキシムは、作曲家ドミトリー・ショスタコーヴィッチの息子。共産党政権下の旧ソ連内にとどまった父の死後、モスクワ放送交響楽団の首席指揮者の地位を捨てて、1981年にアメリカに亡命して世界中をあっと言わせた。当時、マスコミのインタヴューに応えてマキシムは、「父の苦悩を子供心に感じて、9歳の時に、いつかこの国を出よう、と決めていた。そして父の威光の元で音楽家として成功することが、亡命への早道だと考えて、必死で勉強した」と語った。恐るべき決意だ。チャンスをうかがい、監視の目を盗んで西ドイツで亡命を決行した時、1938年生まれのマキシムは、既に40歳を越えていた。このCDの演奏は、その亡命の翌年、イギリスのエジンバラ音楽祭に招かれての演奏だ。
 ベルリオーズの入り組んだリズムをすっきりと解きほぐした演奏で、超然としたペースの〈ハロルドの動機〉がいつになく曇りなく聞こえるように思うのは、私が、彼の歩んできた人生と重ね合わせて聴いてしまうからだろうか?
 1986年以降マキシムは、アメリカ、ニューオリンズ交響楽団の音楽監督のポストを得ながら、世界中のオーケストラの客演指揮を行っている。それらを記事で見かけながらも、英コリンズへのロンドン響とのショスタコヴィッチの交響曲録音以外には、ほとんどCDの発売がなく、演奏に接する機会が少ないマキシムだが、このCDは、亡命から間もない時期のライヴ録音として貴重な演奏だ。
 なお、マキシムは、共産党政権が崩壊し自由に国内外を往来できるようになった祖国に、1994年6月、亡命後初めて帰国し、レーニンの名を捨てた町サンクト・ペテルブルク(旧レニングラード)のオーケストラを振ったという。幼い彼を苦しめた国の新しい姿は、マキシムにどう映っていただろうか?
 マキシム・ショスタコーヴィッチのほか、このCDでは、イタリアのヴィオラの名手、ブルーノ・ジュランナが「イタリアのハロルド」で加わり、また、歌曲集「夏の夜」他では、ポルトガル出身でイギリスを中心に広範な活動を続けるソプラノ歌手、ジェニファー・スミスが、チャールズ・マッケラス指揮のフィルハーモニア管弦楽団の伴奏で歌っている。(1996.6.30 執筆)



goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

若き日の「レーヌ・ジャノーリ」と「ミラン・ホルヴァート」が共演したメンデルスゾーンの『ピアノ協奏曲』

2010年11月19日 11時08分30秒 | ライナーノート(ウエストミンスター/編)



 とうとうレーヌ・ジャノーリのメンデルスゾーン小品集がCDで初発売されました。日本ウエストミンスターの復刻CDです。このブログでは、ご紹介を兼ねて、そのCDのために私が執筆したライナーノートを、10月15日付で掲載しましたので、その魅力については、そちらをご覧ください。

 さて、以下は、その続きとして、12月の新譜として発売が予定されている「メンデルスゾーンのピアノ協奏曲」のライナーノートです。これこそが、私がまだ20歳に満たなかった学生時代、レーヌ・ジャノーリに出会った最初のレコードの復刻CDです。つい、感情移入して書いてしまいました。
 このところ、注目度が上がってきているとは言え、ジャノーリは、もっと、もっと聴かれていいピアニストです。ご縁があって、このブログを読んでくださっている多くの方々に、心からお薦めします。

  ========================

■ジャノーリのメンデルスゾーン「ピアノ協奏曲」――その個性的演奏の魅力

 個人的な思い出から書きはじめることをお許しいただきたい。実は、このCDアルバムに収められたメンデルスゾーンの「ピアノ協奏曲第1番」「同第2番」こそ、私がレーヌ・ジャノーリという魅力あふれるピアニストの演奏と出会った最初の音楽なのである。今から40年以上も前のこと、1968年のことだったはずだ。私は大学生になったばかりだった。東京・渋谷のハチ公前広場の向かいにあった「名曲喫茶 らんぶる」の2階で、私はこの演奏を初めて聴いた。加えて、メンデルスゾーンの「ピアノ協奏曲」という、決してよく聴かれるというほどではない曲の初体験でもあった。
 以来、私にとって、この2曲、とりわけ第1番は、「見かけたら必ず買う」と決めた数少ない曲のひとつとなり、私のレコード棚もCD棚も、この曲のために随分のスペースを占めるようになったが、ジャノーリ盤はそれ以来、長い間、見かけたことがなかった。そうして、その出会いから何年も経ったある日のこと、神保町の古書店街で立ち寄った中古レコードの「レコード社」で、以前に見ていたものと同じダブルジャケットの米盤LPを見つけて買って帰った日の興奮は、今でも忘れることができない。私は、必ずしも状態が万全ではなかったそのLPを、大切に慈しむように何度も何度も聴いた。
 私のレコードコレクター仲間のひとりが、随分むかしに言っていた言葉に「レコードというものは、それを欲しいと念じている人の所に、必ず集まってくる」というのがあるが、その言葉を、私もどこかで信じている。数年後、仕事で大阪に出かけた折、心斎橋の「三木楽器」でたまたま開催していた「廃盤LP逸品市」で、今度は60年代プレスの米盤を見つけたのだ。ジャノーリのメンデルスゾーン「ピアノ協奏曲」、私の2枚目のコレクションである。
 だが、ジャノーリのレコードを手に入れるまでに買い集めてしまったものからは、ジャノーリの演奏で得られた情感の記憶は再現できなかった。ただ唯一、ジャノーリとは異なるアプローチながら、ルドルフ・フィルクスニーの米ヴォックス盤が、その瑞々しい珠が転がり出てくるような自在なピアノの響きで、速いテンポに説得力のある幻想性を帯びた秀演だった。(余談ながら、私がフィルクスニーというピアニストに最初に耳を奪われたのも、シューマンの協奏曲のB面に収録されたこのメンデルスゾーン「第1番」だった。)
 話題をジャノーリに戻そう。ジャノーリのこの2つの協奏曲の演奏は他の誰の演奏とも違う強い個性を持っており、そのために、ジャノーリの演奏は、他に替え難いものとなっているのだが、それは、どこから生まれるのだろうか。
 ジャノーリは、そのデビュー盤がバッハの作品集だったことが知られているが、そのことと、メンデルスゾーンが西洋音楽史上でバッハ再評価機運の形成に果たした役割の大きさとを関連づけて、私は既発売のCDアルバムJXCC-1065の解説で「メンデルスゾーンを弾くレーヌ・ジャノーリの魅力」と題し、「調和や秩序と、幻想性や自在さが絶妙のバランスを保っている」演奏であるということを強調した。それは、ロマン派の作曲家メンデルスゾーンの音楽に隠されている均整のとれた古典的な美しさに光を当てようとしているということだった。自在な夢の発露は、厳しい枠組みの合間から滲み出てきた時ほど、より美しい。それが、ジャノーリのメンデルスゾーンの魅力の本質だった。
 今回の「協奏曲」の演奏でも、そうした特徴はくっきりと息づいている。むしろ、より鮮明になっていると言ってもよい。それは、決然と開始される「第1番」の冒頭で、すぐさま納得できるだろう。これほどに旋律の輪郭を強調し、一画一画をくっきりと描こうという意志を示す演奏は他にない。それは、伴奏のオーケストラも同様だ。
 このアルバムでのオーケストラは、ウィーン国立歌劇場を中心とした臨時編成で、指揮は後にウィーンのオーストリア放送交響楽団初代音楽監督となって現代の音楽にも挑んだ若きミラン・ホルヴァート。録音は1955年6月にウィーンのコンツェルトハウス内のモーツァルト・ホールで行われている。アメリカのマイナーレーベルが続々とウィーンに進出していた時期のことで、ジャノーリにとっては1951年のヘルマン・シェルヘン指揮モーツァルト「2台のピアノのための協奏曲」(スコダとの共演)以来の協奏曲録音だった。一方、ホルヴァートのこの時期の録音は珍しいが、ここでの指揮ぶりにも、後のホルヴァートの野太く即物的な旋律の鳴らし方が既に現れていて、当時のウィーン音楽界の若い世代の進取の気概の一端を聴く思いがする。ロマン派の音楽に耽溺しない「新しいウィーン音楽界」の息吹を聴く思いだ。そしてそれが、ジャノーリのメンデルスゾーンの特質を、より先鋭化したように思う。いつになく切り立った表現を保ち続けるピアノから感じられることだ。
 「第1番」と「第2番」との曲想を対照的に弾き分ける大きな落差も、このアルバムでの大きな魅力だ。「第1番」の決然とした開始に対して「第2番」の翳りの濃さも特筆すべきことで、この双生児のような2曲を、あたかも「陽」と「陰」とに区分してしまったかのような鮮やかさで迫る。どちらも中間楽章の繊細さ、終楽章の華やかさまで、楽章間に切れ目がなく一気に進んでいくが、その輪郭の明瞭な音楽は最後まで一貫している。この極めて個性的なメンデルスゾーンの協奏曲録音は、ジャノーリとホルヴァートとの出会いから生まれた名演なのかも知れない。今回、久しぶりに聴き直して、そのことを強く感じた。(2010. 9. 23 執筆)

  =======================

 もう既に予約受付中です。アマゾンでは、詳細検索をキーワード検索で「ジャノーリ」とすれば、簡単に辿りつけます。

【このブログへの掲載に際しての追記】
 文中、「ジャノーリのデビュー盤はバッハ」という記述がありますが、つい最近、その「米ウエストミンスター」との初レコードの数年前に、SP盤でベートーヴェンのソナタが1曲あることを知りました。とてもいい演奏で、「ジャノーリらしさ」が既に確立していることでも、うれしい新発見でしたが、これについては、近日中に当ブログで詳しくご紹介するつもりです。思いつきで無責任に書くわけにはいかないので、少し時間をください。じつは、今、ゆっくりと聴き直す時間が取れないのです。
 私ごとで恐縮ですが、今、年末に発行の著書『ギターと出会った日本人たち――近代日本の西洋音楽受容史』(ヤマハミュージックメディア)の最後の追い込みに入っていますので、気が抜けません。例によって、私の趣味もあって脚注や索引を頑張っています。これについても、落ち着きましたらご報告します。




goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

ロンドンのウエストミンスター寺院に鳴りわたった「ヘンデル生誕300年記念コンサート」ライヴ盤の魅力

2010年11月12日 11時10分48秒 | BBC-RADIOクラシックス

 1995年の秋から1998年の春までの約3年間にわたって全100点のCDが発売されたシリーズに《BBC-RADIOクラシックス》というものがあります。これはイギリスのBBC放送局のライブラリーから編成されたもので、曲目構成、演奏者の顔ぶれともに、とても個性的でユニークなシリーズで、各種ディスコグラフィの編者として著名なジョン・ハントが大きく関わった企画でした。
 私はその日本盤で、全点の演奏についての解説を担当しましたが、それは私にとって、イギリスのある時期の音楽状況をトータル的に考えるという、またとない機会ともなりました。その時の原稿を、ひとつひとつ不定期に当ブログに再掲載していきます。そのための新しいカテゴリー『BBC-RADIO(BBCラジオ)クラシックス』も開設しました。
 なお、2010年1月2日付けの当ブログでは、このシリーズの特徴や意義について書いた文章を、さらに、2010年11月2日付けの当ブログでは、このシリーズを聴き進めての寸感を、それぞれ再掲載しましたので、合わせてお読みください。いわゆる西洋クラシック音楽の歴史におけるイギリスが果たした役割について、私なりに考察しています。

 以下の本日掲載分は、第3期発売の15点の2枚目です。

  ========================

【日本盤規格番号】CRCB-6062
【アルバム・タイトル】「レッパード/ヘンデル名演集」
【曲目】ヘンデル:司祭ザドク(ジョージ二世戴冠式アンセムより)
  神の光の永遠の泉(アン女王の誕生日の為のオードより)
  歌劇「タメルラーノ」序曲
  葬送行進曲(オラトリオ「サウル」より)
  キャロライン王妃の葬送アンセム「シオンへの道は悲しみ」より
    四重唱「彼を耳に聞ける者は」
    合唱曲「彼女は貧しきものを解き放ち」
    合唱曲「彼らの体は平安のうちに葬られ」
  「ユトレヒト・ユピラーテ」より
    合唱曲「父なる神に栄光あれ」
    合唱曲「始まりのごとく」
  二重協奏曲 第1番 変ロ長調 HWV.332
  高きところに彼女を導け(オラトリオ「イェフタ」より)
  オルガン協奏曲 第11番ト短調HWV.310
  ハレルヤ・コーラス(オラトリオ「メサイヤ」より)
【演奏】レイモン・レッパード指揮イギリス室内管弦楽団
    サイモン・プレストン(オルガン)
    ロンドン・フィルハーモニック合唱団
    ウエストミンスター寺院合唱団 ほか
【録音日】1985年2月23日


■このCDの演奏についてのメモ
 ヨハン・セバスチャン・バッハと並ぶバロック期最大の作曲家ヘンデル(1685~1759)は、後半生をイギリスに帰化してイギリスで過ごした。西洋音楽史の中でのヘンデルがドイツ、イギリス双方に与えた影響については多大なものがあるが、そうしたこととは別に、イギリスの人々が、ヘンデルの音楽を大切にしているということも事実だ。
 1985年にヘンデルの生誕 300年を迎えたイギリス国内では、数々の記念行事が行われたが、このCDは、ロンドンで催されたヘンデルの誕生日を祝うコンサートの模様を収録したもの。1985年2月23日のロンドン、ウェストミンスター寺院に響いたイギリスの音楽家達のヘンデルへの畏敬の念と愛情が、充分に伝わってくる。宗教行事的な敬虔さの中に、ヘンデルの音楽的成果がコンパクトに収められた美しいアルバムだが、結果的に、ヘンデル鑑賞の恰好の1枚ともなっている。また、BBC放送局の優れた技術で収録された空間的広がりは、ある特別な日の記録であるということを除いても、オーディオ的に注目されるアルバムでもあるだろう。
 以下に、このコンサートに参加した主な演奏家の経歴を紹介しよう。
 指揮のレイモンド・レッパードは、1927年にロンドンに生まれ、主として17、18世紀音楽の指揮者、チェンバロ奏者として活躍している。1959年にはヘンデルの「サムソン」で王立歌劇場(コヴェントガーデン)にデビュー。60年以降、このCDのコンサートでも共演しているイギリス室内管弦楽団の指揮者としても活躍した。モンテヴェルディの校訂者としても高く評価されており、学究タイプの指揮者というイメージが強いが、73年から80年までは、マンチェスターのBBCノーザン交響楽団(現在はBBCフィルハーモニー管弦楽団と改称)の首席指揮者でもあり、ロマン派や近代の作品まで、幅広いレパートリーを聴かせた。
 カウンター・テナーのジェイムズ・ボーマンは、1941年、オックスフォード生まれ。1967年にデビューして以来、30年近くもの間、トップクラスのカウンター・テナーとして活躍し続けているベテラン。
 オルガンのサイモン・プレストンは、1938年、ボーンマス生まれのオルガン、ハープシコード奏者。ウェストミンスター寺院のオルガニストを1962年から67年までしていた。デビューがヤナーチェクの「グラゴル・ミサ」で、初レコーディングがフランクとメシアンといったように、意欲的な活動を続けているイギリスを代表するオルガニスト。(1996.7.1 執筆)



goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

私が、ワレフスカの日本公演で初めてその素晴らしさを知ったピアニスト・福原彰美さんのソロリサイタル

2010年11月09日 12時09分03秒 | エッセイ(クラシック音楽)
 クリスチーナ・ワレフスカの感動的な日本公演で、急遽、ワレフスカの要請で伴奏ピアノを務めた福原彰美の素晴らしさについては、2010年6月8日付のこのブログに書きましたが、その福原のピアノ・リサイタルが2011年1月14日(金)に東京・すみだトリフォニー小ホールで開催されるという案内が、福原のニューヨーク便りとともに届きました。ワレフスカとの演奏会直後の会食の際にそうした計画のことは聞いていましたが、曲目の詳細がわかり、私自身の期待が大きく膨らんだので、このブログでご紹介、ということにしました。私、ブログであまり個人的な事柄の延長になる記述を掲載することは意識的に避けていますが、久しぶりの例外です。これも、福原のピアノの魅力がさせていることでしょう。以下、福原自身のコメントから。

   ====================

 2011年はロマン派の大家フランツ・リスト生誕200年ということで、リストの作品に焦点をあて、シューベルトの歌曲やワーグナーの歌劇の、リストによる編曲作品に加え、名曲でありながら演奏される機会の少ないメフィストワルツ第2番などを、プログラムに取り入れました。
 以前から私にとって特別な存在であったリストですが、彼の膨大なピアノ作品のレパートリーを知れば知るほど、その音楽に対する感嘆の気持ちでいっぱいになります。今回リストによる編曲芸術の世界に魅せられたことが、ブゾ―ニの編曲作品との出会いにもつながりました。
 また、昨年に引き続き、ニューヨークで今まさに生まれている芸術を紹介する機会として、ライアン・フランシス氏のインスピレーション溢れる作品「ねじまき鳥前奏曲集」を日本初演致します。

   ====================

 リストのピアノ編曲の妙については、私も数年前に驚嘆し、あるところに執筆したことがありますが、もっと研究され、演奏されていいジャンルだと思っていました。ピアノ伴奏付き歌曲のピアノ独奏への編曲など、見事なまでのピアニスティックな表現への挑戦です。それはブゾーニについてもいえることです。

 ところで私のブログでは、古い資料を元にしたため福原がサンフランシスコ音楽院で学んだ後のことに触れませんでしたが、彼女はその後、レオン・フライシャー、フィリップ・アントルモン、オクサナ・ヤプロンスカほかのマスタークラスで研鑽を積み、スーザン・W・ローズ奨学金を得てジュリアード音楽院に進学、ピアノ科主任教授ヨヘイヴェド・カプリンスキーに学び、同音楽院の室内楽フェストではイツァーク・パールマンの教えを受けてピアノ三重奏を演奏したそうです。現在、ニューヨークを拠点に活動している、将来がとても楽しみなピアニストです。

 こんどのリサイタルのプログラム詳細、チケット購入などは、以下のアドレスにアクセスしてみてください。

http://eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002048564P0050001P006001P0030001


 私は福原のピアニストとしての大成を信じています。それは、先日のワレフスカとの共演の後、彼女のデビューリサイタルのCDなどを聴いて確信しました。彼女の変化のベクトルが、とても望ましい方向に向いていることを感じたのです。それは、21世紀になったクラシック音楽界が、20世紀で得たものと失ったものとのはざまに見出しかけている「何か」だと思っています。私が西洋音楽の「演奏史」と「日本人の受容史」にこだわり続けて聴き、調べ、執筆を続けているのも、正に、その「一点」を知りたいからです。
 ワレフスカが、公演の後の会食時の雑談で言っていたことの一つが思い出されます。ワレフスカがまだヨーロッパで本格デビューする前、ある高名な引退していた音楽プロデューサーが、彼女を称え、様々な有力者への紹介を約束しながら、「私に残された人生では、君が大成した姿を見るまで生きられないのが残念でならない」と語ったと云うのです。ピアティゴルスキーなどを売り出した人だそうです。
 (つまらぬ宣言で恐縮ですが)私は福原彰美が大成するのを見届けたいと思いました。それほどに、久しぶりに感動した若い音楽家です。
 私などよりもずっと以前から、福原のピアノの素晴らしさに気づいて、毎回リサイタルを聴いている方も多いと思いますが、私のように、先ごろの「ワレフスカ日本公演」で初めて彼女のピアノを聴いた方もいらっしゃるようです。ぜひ、会場でまた、お会いしましょう。


goo | コメント ( 1 ) | トラックバック ( 0 )

「BBCトランスクリプション・サービス」という、放送用同業者向けの音源配布について(修正版)

2010年11月07日 15時45分09秒 | BBC-RADIOクラシックス
 今村亨氏から、下記の情報がメールで送られてきました。2度に分かれていましたが、続けてご紹介します。私は、この種の放送用のものでは、アメリカの地方放送局(だったと思います)の放送テイク用のレコードを一組持っているくらいですが、そういうものは、ローカルなものと思っていました。BBCが正規に、同業者用に、各地の放送局にライブ音源をレコードで配布していたとは、知りませんでした。なお、今村氏のメールで思い出したので、近々、私の所有しているはずのレコードは、探し出してご報告します。とりあえず、今村情報をお読みください。本日13時過ぎに、「今、私、外出中ですので、このブログアップは移動用の小型パソコンから、モバイルの回線で送信します。ちょっと細かな作業がしにくいので、送られてきた写真は、後ほど掲載します。」としていったんアップしましたが、その後、今村氏からの携帯への1回目の送信が、途中で途切れていたことがわかりましたので、改めて、全文を掲載します。また同時に、写真もアップします。13時過ぎの最初のアップをご欄になった方にはご迷惑をおかけしました。この現在のアップが正しい内容です。


  =========================

 
 竹内さんがライナー・ノートを執筆された、《BBC-RADIOクラシックス》の元になったのは、BBCが所有する膨大な録音アーカイブズですが、BBCは50年代から海外放送局(恐らく米国の)向けに、放送に使用する録音ソースを提供していました。これがBBCトランスクリプシヨン・サービスで、テープもあったのかも知れませんが、主にLPレコードが 使われました。一般市販盤ではないので、レーベルが見える穴あきの袋(市販盤の内袋のような)に入った、ごく簡素な体裁で、レーベルに作曲者や演奏者等が記載されているものの、具体的なプログラムは最初のアナウンスで紹介されるだけです。使用するのはお互いプロ同士の各放送局担当者だから、これで充分なのでしょうが、有名な曲や演奏者ならともかく、新人や現代音楽には、多少の解説が要るようにも思うのですが、別冊解説等を見たことは有りません。また、竹内さんが指摘されたように、BBCはプログラミングにも配慮し、作曲家、演奏者等で、同じ録音ソースを組み替えて提供してもいました(つまり、一般市販盤のような、オリジナル・カップリング云々は、あまり意味がない事になります)。このような放送局向けのトランスクリプシヨン・サービスはBBCの他、フランス国立放送(RTF)、ドイツやオランダの各放送局、そしてNHKにもありますが、やはり質・量共にBBCが圧倒的のようです。このように《BBC-RADIOクラシックス》は、BBCが一貫して行って来た、録音アーカイブズの公開や利用を、演奏者とレーベルの契約等で制約が多かった為、放送局向けに限られていたLP時代から、一般市販に拡大した企画と言えるでしょう。企画全体を見渡す役割にジョン・ハントのような人材を得た事も、行き届いた選曲には大きく貢献しているでしょうし、ただ録音して保存するだけに留まらず、こうした録音アーカイブズの保存や利用の徹底した管理は、大英博物館を作った国の伝統とも思えます。

                 *

 先程BBCトランスクリプシヨン・サービスについてコメントしましたが、実物の写真を一つ送ります。内容は、第15回エジンバラ国際音楽祭のライブで、ストコフスキー指揮、ロンドン響の演奏、リスト『メフィスト・ワルツ』、ショスタコーヴィッチ『交響曲5番』、ジョヴァンニ・ガブリエリ『カンツォーナとソナタから』(ストコフスキー編曲)、ティペット『二重弦楽合奏の為の協奏曲』、レコード番号は107206-9です。


goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

ダリウス・ミヨーの自作指揮の録音は、BBC放送に残された貴重な記録だと思う。

2010年11月06日 13時45分05秒 | BBC-RADIOクラシックス


 1995年の秋から1998年の春までの約3年間にわたって全100点のCDが発売されたシリーズに《BBC-RADIOクラシックス》というものがあります。これはイギリスのBBC放送局のライブラリーから編成されたもので、曲目構成、演奏者の顔ぶれともに、とても個性的でユニークなシリーズで、各種ディスコグラフィの編者として著名なジョン・ハントが大きく関わった企画でした。
 私はその日本盤で、全点の演奏についての解説を担当しましたが、それは私にとって、イギリスのある時期の音楽状況をトータル的に考えるという、またとない機会ともなりました。その時の原稿を、ひとつひとつ不定期に当ブログに再掲載していきます。そのための新しいカテゴリー『BBC-RADIO(BBCラジオ)クラシックス』も開設しました。
 なお、2010年1月2日付けの当ブログでは、このシリーズの特徴や意義について書いた文章を、さらに、2010年11月2日付けの当ブログでは、このシリーズを聴き進めての寸感を、それぞれ再掲載しましたので、合わせてお読みください。いわゆる西洋クラシック音楽の歴史におけるイギリスが果たした役割について、私なりに考察しています。

 以下の本日掲載分は、第3期発売の15点の1枚目です。

  ========================

【日本盤規格番号】CRCB-6061
【曲目】サティ作曲/ミヨー編曲:びっくり箱
    ダリウス・ミヨー:ィンディアナのための音楽 作品148
            :交響曲第10番 作品382
            :バレエ「男とその欲望」
【演奏】ダリウス・ミヨー指揮BBC交響楽団
 マリオン・ドッド(ソプラノ)イヴォンヌ・ニューマン(メゾ・ソプラノ)
 ディヴィット・バーレット(テノール)アンソニー・ホルト(バス)
【録音日】1970年9月、1969年?


■このCDの演奏についてのメモ
 このCDには、フランス近代の作曲家、ドビュッシー、ラヴェル以降で最も重要な作曲家のひとり、ダリウス・ミヨーのオーケストラ作品が4曲収められている。演奏が作曲者自身の指揮するBBC交響楽団なので、それだけでも、歴史的に将来にわたって貴重な記録となるものだ。だが、それ以上に、演奏の音楽的成果の水準の高さに関心を持った。これは、文献的な価値を超えて、長く聴かれる演奏と言えるだろう。
 もともとミヨーには、古くは1935年頃に録音された自作のピアノ協奏曲(独奏:マルグリット・ロン)の指揮の古いSPもあるくらいで、指揮はかなり行っている。加えて、この時期のBBC交響楽団は、首席指揮者アンタル・ドラティの薫陶による再建が軌道に乗り、コーリン・デイヴィスを首席に迎えての充実した演奏が続いていた。
 このCDの録音は、このBBC-RADIOクラシックスのシリーズにはめずらしく、ライヴ収録ではなく、スタジオでの放送用録音が使用されている。このあたりにも、BBC放送局側の、ミヨーの作品をベスト・コンディションで保存しようという熱意がうかがえる。敢えて言えば、この録音の演奏の成果は、〈指揮者ミヨー〉ひとりに負うものではないかも知れない。それほどに、オーケストラ・ドライブに達者なところを聴かせているのだ。
 「交響曲第10番」の第2部、第3部あたりでの豊かな色彩感覚への反応の良さは特筆もので、ミヨーの作品の望む澄んだ響きが、洒落っ気のあるリズムの中で、生き生きと弾んでいる。南米滞在中にインスピレーションを受けたとされるバレエ曲「男とその欲望」は、歌詞を持たない声楽混じりのサウンドと独特のリズムが、不思議な感覚の世界に誘う。ミヨーの作品の個性を正統に鑑賞する録音として、これらは長く記憶される演奏となるだろう。
 なお、イギリス原盤の録音年の表記が、前半2曲のみ1970年9月と記載されていて、後半2曲の録音年の記載がない。だがミヨーは、この前年1969年に初めてイギリスでの演奏を行い録音したと言われているので、おそらくこのCD後半の2曲は、その1969年の録音ではないかと思われる。(1996.6.29 執筆)




goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

演奏解釈の多様性を、豊富な実例で聴く「BBC」ライヴシリーズの魅力に気づいたころ

2010年11月02日 10時59分22秒 | BBC-RADIOクラシックス



 1995年の秋から1998年の春までの約3年間にわたって全100点のCDが発売されたシリーズに《BBC-RADIOクラシックス》というものがあります。これはイギリスのBBC放送局のライブラリーから編成されたもので、曲目構成、演奏者の顔ぶれともに、とても個性的でユニークなシリーズで、各種ディスコグラフィの編者として著名なジョン・ハントが大きく関わった企画でした。
 私はその日本盤で、全点の演奏についての解説を担当しましたが、それは私にとって、イギリスのある時期の音楽状況をトータル的に考えるという、またとない機会ともなりました。その時の原稿を、ひとつひとつ不定期に当ブログに再掲載していきます。そのための新しいカテゴリー『BBC-RADIO(BBCラジオ)クラシックス』も開設しました。
 なお、2010年1月2日付けの当ブログにて、このシリーズの発売開始当時、その全体の特徴や意義について書いた文章を再掲載しましたので、ぜひ、合わせてお読みください。いわゆる西洋クラシック音楽の歴史におけるイギリスが果たした役割について、私なりに考察しています。

  ========================

 以下は「BBCラジオクラシックス」第3期の発売に際してのキャンペーン用リーフレットのために執筆したものです。第1期30種、第2期20種の発売と、第3期のためのCDのテスト盤をいくつか聴いてのものです。
 このシリーズがどれほど考え抜かれているかに気付き、驚いていた頃に書いたものです。「西洋音楽の演奏史」を横軸にして聴くことの面白さを、もっと知ってほしいと思っていましたが、未だに、歴史を背景にせずに、単独の演奏の個性を、「奇異」「珍奇」と面白がることしか出来ない人が多いことが残念でなりません。そのあたりの私の嘆きは、『クラシック・スナイパー 6』(青弓社)をお読みください。


■《BBC-RADIOクラシックス》の魅力

 全貌を見せ始めた当シリーズを、これまで既に60点以上聴いてみて、まず第1に感心するのは、70数分という1枚のCDの収録時間の制約のなかで、ベストのカップリングへの努力や熱意が感じられることだ。作品を作曲家ごとに再編集するにあたって、めずらしい小品の類を複数のコンサートから1曲ずつ探してくるといった具合だ。(こうした場合のメインとなる大曲は、おそらく豊富に保存されている同曲異演の中から、ベストの演奏を選び出しているだろう。おおむね、どれも期待どおりのものだったが。)
 こうした編成のCDは、安易に有名曲を組合わせたり、一晩のコンサートをCD化して制作するよりも、遥かに手間がかかるはずだ。それが、曲目リストの中に、聞き慣れない小品を見つけ、それが他の曲と演奏者も録音日時も全く異なるものだったりすると、「この短い1曲だけを!」と、思わず膝を叩いていまう。このCDシリーズは、契約問題などの制約のなかで、文献踏査的な綿密さを精一杯発揮していると思う。そうでなければ、とても陽の目を見ることがなかったというものが、片隅できらりと輝いている。そのことをまず指摘しておきたい。
 だが、このシリーズの魅力は、そうした編集物ばかりではない。歴史上のエポックとなった重要なコンサートのいくつかは、その会場の空気をもそっくり収録したかのようなBBCの優秀な録音技術で収められている。それが、豊富なライヴ音源から選ばれて制作された当シリーズのもうひとつの特徴で、ストコフスキーの「告別コンサート」や、「ブリティッシュ・ライト・ミュージック25周年記念コンサート」、「ヘンデル生誕300年記念コンサート」などがそれだ。2年にわたるプロムスでのプリッチャードによる「ウィーン音楽の夕べ」の楽しさも特筆ものだ。
 ロンドンは音楽の自由市場として、世界中の演奏家を次々に招聘して、彼らの芸術を吸収する機会を貪欲に求め続けている。彼らとロンドンの聴衆との出会いの幸福なドキュメントの再現も豊富だ。
 ロジェストヴェンスキーによるチャイコフスキーの「第5」や、ヨゼフ・スークによるベートーヴェンの「ヴァイオリン協奏曲」、クルト・ザンデルリンクによるマーラーの「第9」など、正に一期一会の貴重な記録がCD化されたことをうれしく思う。スタジオ収録では、ダリウス・ミヨーの自作自演も重要な録音だ。
         *
 しかし、このシリーズの魅力は、さらに、もっと違う所にある。これは、このシリーズを聴く前から、うすうす予想していたことではあるが、その予想的中以上のおもしろい結果が、聴き進むにつれて生まれている。
 ご承知のようにイギリスは、ヨーロッパ大陸にとって巨大な島国で、西洋音楽史のなかで、特異な位置を占めている。ベートーヴェン以降の音楽に限って見ても、ドイツの伝統音楽と例えばフランスとの関係は、ベルリオーズのベートーヴェンへの傾倒を持ち出すまでもなく、長い不即不離の関係がある。まして、ドイツ・オーストリアの音楽的伝統は、オーストリア・ハンガリー帝国の下に、東欧世界をひとつながりのものにしているのは周知の事実だ。
 イギリスは、それらを絶えず外側から見つめてきた国だ。西洋音楽を、その本流から少し距離を置いて享受してきた彼らは、様々の国柄の要素を等分に吸収することで、ローカリズムに陥るどころか、むしろ、外に対してはインターナショナルな普遍性を、そして、内に対しては、独自の自国の感性の客観的確立を、それぞれに目指していたようだ。(こうしたイギリスの歩んでいる道筋は、西洋音楽の学習期から、そろそろ自立の時期を迎えている日本のクラシック音楽界も、事情が似てきたように思う。)
 この一連のシリーズで、最も興味深いのは、彼らがこれまで、自国の外に出すときには、それなりの〈装い〉をさせてきたイギリスの作曲家たちの作品が、彼らの日常のレヴェルで聴けること。そして、スタンダードな西洋古典音楽の演奏でも、同じく、自国の感性を、普段着のままで聴かせることにある。毎日のように彼らの生活の一部としてラジオから流れていた音源からのCD化の面白さが、実は、そうしたところにあるのだ。そのなかには、プリッチャード/BBC響のブラームス「第2」の感動的演奏や、グローヴズの「新世界から」、サージェントの「未完成」、ボールトの「田園」といった自然体の演奏もあるが、マッケラスのマーラー「第4」や、デル・マーのリヒャルト・シュトラウス、レッパードのドビュッシー、といった特異な演奏もある。
 これらを一通り聴いてみた時、それぞれの作品が誕生した伝統から離れたところで、どれだけの新しい解釈が可能なのかが見えてくる。演奏解釈の多様性について、これほどの多くの事例で応えてくれるシリーズはない。このBBC-RADIOクラシックスは、西洋音楽のゲストとしての位置を存分に生かしてきたイギリス人たちの、層の厚さ、歴史の長さの成果を知るよい機会となっている。(1996.7.2 執筆)


【ブログへの再掲載に際しての付記】
次回から第3期のリリース分を掲載します。


goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )