何気ない風景とひとり言

寺社&石仏巡り、小さな旅、散策...ふと目に留まった何気ない風景...切り取って大切な想い出に!

浦賀湊周辺の庚申塔-(5)

2016年11月26日 | 石仏巡り

【神奈川・横須賀市】久里浜から西浦賀方面に戻り、東浦賀の北側に広がる鴨居に向かった。 鴨居港や多々良浜に面した地域そして我が国最初の洋式灯台「観音崎灯台」がある鴨居地区では、寺社境内や路傍などに佇む庚申塔を巡った。 鴨居の庚申塔は、掲載する写真の枚数が多いので、2回に分けて投稿する。 最初は、鴨居港に面して建つ寺社の境内や路傍に佇む庚申塔。

■脇方の路傍■

鴨居港に面した脇方の山間へ続く小道の崖裾に、4基の庚申塔がコンクリート台の上に鎮座している。 庚申塔にはぞれぞれ背高泡立草が供えられていた。 宝暦十一年造立の庚申塔では、青面金剛に踏まれている邪鬼が胡坐をかき、牙を出し、両膝に腕を立てて踏ん張っている姿が面白い。

背高泡立草が供えられた駒型1基と笠付型3基の庚申塔
 
明治七年(1874)造立の駒型青面金剛文字庚申塔(3猿)
 
宝暦十一年(1761)造立の笠付型青面金剛庚申塔(1鬼、3猿)
 
安政十年(1798)造立の青面金剛庚申塔(1鬼、2猿)
 
宝暦十二年(1762)造立の青面金剛庚申塔(1鬼、2猿)

宝暦十一年庚申塔の邪鬼と三猿..両肘を立て牙を出して踏ん張る邪鬼

宝暦十二年庚申塔の邪鬼と三猿..三猿が比較的くっきりと浮き彫りされている

■満能寺■

満能寺は室町時代明応六年(1497)の創建。 脇方から住宅地を進むと満能寺への参道があり、参道脇のコンクリート壁を背にして、1基の笠付型青面金剛庚申塔がポツンと立っている。 庚申塔には榊と菊などの花が供えられ、正面から陽が燦々とふりそそいでいた。 境内の薬師堂の脇に立つ「木食観正」と刻まれた珍しい石塔をみつけた....満能寺を訪れた僧・観正が米食を絶ち、木食にて修行したのだろう。
 
安永二年(1773)造立の笠付型青面金剛庚申塔(1鬼、3猿)
 
「木食観正」と刻まれた珍しい石塔(文政三年(1820)造立)..僧・観正がこの地で木食修行したのだろう..上部月輪に種子かな/二段基礎の反花上基礎の段級上に高欄を設けた見事な宝篋印塔(造立年号失念)..塔身の月輪内に四方仏の種子が刻

■西徳寺■

西徳寺は室町時代永禄三年(1560)の創建で、鎌倉光明寺の末寺。 鴨居港に面した鴨居八幡神社の近くにあり、石段を上った直ぐのところに7基の石塔が並んでいる。 その内の本堂側2基が庚申塔で、一基は自然石を平らに削って「青面金剛」と刻まれた文字庚申塔。

7基の石塔の内、右側2基が庚申塔..左側は供養塔2基と六字名号塔
 
右側(本堂側)の2基の庚申塔/文政六年(1823)造立の自然石の青面金剛文字塔
 
宝暦十四年(1764)造立の笠付型青面金剛庚申塔(1鬼、3猿)

■亀崎権現社■

亀崎権現社は江戸時代元禄元年(1688)の創建だが、鴨居八幡神社に合祀されいまは無格社。 岩窟にすっぽり納まった社殿の左脇の崖の土壁に埋もれるように2基の庚申塔がある。 右側の青面金剛は、合掌する女性の髪の毛を左手でつかんでぶら下げている。

土に埋もれるように2基の庚申塔が佇む
 
享保六年(1721)造立の板状型青面金剛庚申塔(1鬼)..猿が確認できない、左手で合掌する女性の髪の毛をつかんでぶら下げている
 
造立年号不明の板状型の青面金剛庚申塔(3猿)..風化しているが足下に邪鬼が彫られているような気がする

享保六年庚申塔の邪鬼..土中に埋もれているが邪鬼の下に3猿が彫られている思う
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浦賀湊周辺の庚申塔-(4) | トップ | 浦賀湊周辺の庚申塔-(6) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

石仏巡り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。