何気ない風景とひとり言

寺社&石仏巡り、小さな旅、散策...ふと目に留まった何気ない風景...切り取って大切な想い出に!

浦賀湊周辺の庚申塔-(7)

2016年12月20日 | 石仏巡り

【神奈川・横須賀市】鴨居の北側に位置する走水は、東京湾に面している。 走水地区には、日本武尊と弟橘姫を祀る由緒ある神社で横須賀のパワースポットとして知られる走水神社、走水水源地、かつて先人たちが番所や砲台を設けた御所崎、そして防衛大訓練場が建つ走水港などがある。 走水の寺社境内に佇む庚申塔を巡ったが、ひとつの寺社に佇む庚申塔の数が多いので、3回に分けて投稿する。 まずは、走水港に面した走水神社の近くにある大泉寺の参道に佇む庚申塔。

■大泉寺■

大泉寺は安土桃山時代の天正十八年(1590)の創建。 住宅地の路地を進むと、参道脇の覆屋に六地蔵尊像が鎮座し、反対側に6基の庚申塔が横一列に佇む。 以前は本堂裏手の墓所にあったようだが、数年前、現在地へ移設したようだ。 庚申塔と並んで本堂側に7体の石仏が鎮座しているが、一列に並べられた庚申塔に対し、雑に置かれた感が否めない....合掌。

六地蔵尊像(覆屋内)前の参道脇に佇む6基の庚申塔と7体の石仏

6基の青面金剛庚申塔と庚申塚

右側3基の駒型庚申塔
 
万延元年(1860)造立の庚申塚(3猿)/風化が激しいが三猿の像容が想像できる
 
文政六年(1823)造立の青面金剛供養塔(3猿)/三猿の表情がよく分かる像容
 
寛政九年(1797)造立の青面金剛庚申塔(1鬼、3猿)..人の髪を掴んでぶら下げている

左側3基の笠付型庚申塔..右端はかなり破損している
 
寛永八年(1631)造立の笠付型(笠破損)方青面金剛庚申塔(1鬼、3猿)..隣に笠が落ちている
 
安永四年(1627)造立の笠付型青面金剛庚申塔(1鬼、3猿)
 
造立年号不明の笠付型青面金剛庚申塔(1鬼、3猿)

庚申塔と並んで鎮座する7体の舟形光背石仏..延宝九年(1681)~寛政五年(1793)の造立
  
古い造立の3体の石仏..延宝九年(1681)/正徳元年(1711)/寛延四年(1751)の造立
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浦賀湊周辺の庚申塔-(6) | トップ | 浦賀湊周辺の庚申塔-(8) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

石仏巡り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。