馬好き獅子狂の日記

かくすれば かくなるものと知りながら
やむにやまれぬ馬券魂

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

競馬の番組で季節を知る。

2005-09-21 21:05:40 | できごとろじぃ
今日は涼しい日でした。秋もようやく営業開始でしょうか。
過ごしやすいことこの上なく、仕事もかなりはかどります。

あたりまえではありますが、気がつけば、だいぶ日が短くなってます。これを、
「月日のたつのは早い」
とでも言うのでしょう。年をとるのもわかる気がする(苦笑)

早いと言えば、今週はもう神戸新聞杯。

スポーツの秋・読書の秋・恋の秋・食欲の秋、TRの秋。菊花賞も遠からじ、楽しみはつのるところ。賛否両論ありますが、3000mという超長距離のこのレース、中だるみ・最後3ハロンだけの競馬と揶揄されることも少なくありません。
しかし、自分的にはかなり好きです。騎手の駆け引きをこれだけ長く楽しめるのは、その距離であってこそでしょう。世界的なレース体系の短縮化から無用論なども出る昨今、このレースの存在意義を高めてくれるかもしれない馬が今週いよいよ始動します。

ディープインパクトです。

世代レベルや三冠薀蓄・私論についてはいずれ書きます。かなりの期待(というよりもむしろ希望)を持っています。
でも、今週はあくまでTR。まずは無事に無事に次走につなげてほしいと願う水曜日の夜です。
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シーズンも押し迫ってきました。 | トップ | 備忘録 9/21(水) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL