日常のあれこれをそこはなとなく

写真、料理、ソフトバンクホークス、JAZZなどを書いていきます。最近ゴールデンレトリバーの女の子が来ました。

志賀高原に来ています。

2013-12-31 07:17:38 | スキー
今年の年越しスキーは久しぶりに志賀高原の焼額山に来ました。



つい一昨日菅平から帰ったばかりですが、中一日でのトンボ返りです。毎年冬の関越道と上信越道は何往復もします。雪道は慣れているので大丈夫だと思っていたら、落とし穴がありました。今朝志賀高原に登って来る道が完全なアイスバーンで立ち往生する車がたくさんいましたが。僕の車も動いていれば大丈夫なのですが、登り道で渋滞すると動けなくなりました。仕方なく引き返して下のガソリンスタンドでチェーンを買いました。



何とか無事スキー場に着いて滑り始めましたが、今度は膝がイマイチです。せっかくよく晴れて、雪もバッチリなのに、そして新しいスキーなのに本当に残念です。



志賀高原エールです。ヨーロッパ風のモルトのしっかりしたエールです。とても美味しいです。ただ、ゲレンデのレストランで飲むと、いいお値段なのが残念です。



まあ、せっかくプライベートでスキーに来ているので、もっとポジティブに行こうと思います。気合を入れるために焼額山のステッカーをヘルメットに貼りました。今年もブログに来て下さってありがとうございました。来年も良かったら見てやって下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キャプテンの責務

2013-12-30 07:07:33 | 読書
リチャード・フィリップスの「キャプテンの責務」を読みました。



筆者のリチャード・フィリップスはアメリカの商船の船長です。彼はアフリカのソマリア沖で海賊に襲撃され、ただ一人海賊の人質となって命からがら救出されました。この本はその時の実話を描いたものです。

僕は今年高野秀行の「謎の独立国家ソマリランド」を読んでいて、ソマリアが今どんな状況にあるのかある程度知識がありました。この国は北部のソマリランドを除いて、国としての秩序を持っておらず、ぐじゃぐじゃな状態にあります。ソマリア沖では、数多くの海賊たちが、経済活動として海賊を行っています。彼らにとっては海賊はビジネスなのです。



この本は、現在公開されている映画「キャプテン・フィリップス」の原作にもなっています。この映画ではフィリップス船長をトム・ハンクスが演じています。フィリップス船長は自らの機転と船員たちの適切な判断のおかげで、一時は海賊のリーダーを捕まえて、無事海賊たちを追い払うことに成功しそうになります。しかし、そうは問屋が卸さないのがこの世界です。海賊たちに出し抜かれた船長は、逆に海賊にとらえられ、人質になってしまいます。



危機管理という言葉がありますが、これ以上の危機管理があるでしょうか。いったい日本人の中で、このような状況をうまく切り抜けることのできる人がどれだけいるでしょうか? あまり書くとネタバレになるので控えますが、今同じ地球上で、このような危険きわまりない場所があるという現実を忘れないようにしたいと思います。

何やら日本周辺も危機含みの政治状況でありますが、来るべき2014年は、現在起こっている紛争が少しでもなくなる方向に行ってほしいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大喜の塩そばと極やの特製しょうゆラーメン

2013-12-29 07:46:40 | ラーメン
今回は下町のラーメンです。



大喜は湯島の天神下にある有名店です。あまり時間がなかったので、並んでいたらやめようと思っていたら、たまたま1名分スペースがありました。おすすめの塩そばを頼みました。とても丁寧な仕事がされています。麺は細めですべすべしてこしがあり、スープはあっさりしていながら深いコクがあります。かなりおすすめです。ぜひ別のラーメンも食べてみたいと思いました。



こちらは神保町に新しく出来た極やの特製しょうゆラーメンです。神保町はカレーが有名ですが、ラーメンも二郎をはじめ有名店がたくさんある激戦区です。このお店は、ランチタイムはゆで卵が食べ放題だったり、いろいろ工夫があります。こってりしたスープは、魚介などを使った凝ったスとてもおいしいラーメンですが、何かバランスがもう一つです。FAでいい選手をかき集めてもチームとしてのまとまりに欠ける球団のような感じです。でも、また行ってみようと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吹雪

2013-12-28 07:07:36 | スキー
スキー部の冬合宿、今年はいいお天気に恵まれていましたが、とうとう吹雪の中での練習になりました。



スキーは雪の中でやるスポーツなので、余程の事がなければ、試合も練習もやります。動いている選手はまだましですが、サポートしている我々はとても寒いです。



標高1600メートル余り、気温はマイナス5度です。カメラを抱えて、撮影すべき選手が来るのをじっと待っています。やっと滑る順番が来たと思うと、コース整備が入ったりします。



でも、選手達が頑張っているので、縁の下の力持ちも頑張らねばなりません。



風は収まって来ましたが、気温はどんどん下がっています。冬合宿最終日、怪我なく終わって欲しいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サロモンX-KART

2013-12-27 07:16:11 | スキー
今シーズンから新しいスキー、サロモンのX-KARTにしました。



このスキーは春合宿の時にコーチから借りた、競技用のX-RACEをベースに、オールラウンド用にチューンしたロッカータイプのスキーです。滑ってみると、エッジのホールドがしっかりしていて、どんどん回って行こうとします。ショートターンの得意なスキーです。



春に借りたX-RACEはもっと硬くて返りも早い感じでしたが、X-KARTの方はそれより扱いが簡単に思いました。合宿でお世話になっている斉木コーチもオールラウンドなスキーだとおっしゃっていました



とはいえ、僕の膝がかなり悪くてしんどいです。とりあえず休み休み、コース整備など、膝に負担のかかる事は遠慮させてもらっています。合宿もあと2日なので、何とか頑張ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加