日常のあれこれをそこはなとなく

写真、料理、ソフトバンクホークス、JAZZなどを書いていきます。最近ゴールデンレトリバーの女の子が来ました。

リガの犬たち

2017-05-16 05:17:21 | 読書
ヘニング・マンケルのヴァランダー警部シリーズ第2作『リガの犬たち』を読みました。



スウェーデン南部の田舎町イースタの警察に、海岸にゴムボートが流れ着いてその中に死体があるという通報がありました。ヴァランダー警部がこの事件を担当しますが、ゴムボートがどこから来たのか、死体はどこの誰なのかまったく手がかりがありません。

検死の結果、死体は東欧諸国のどこかではないかという推測がなされ、インターポールを通じて捜索したところ、リトアニア人であることがわかり、リトアニアからカリウス・リエパ中佐が捜査協力のために送り込まれて来ます。



捜査が一段落して、リエパ中佐が帰国したのですが、何と中佐は帰国直後に殺害されてしまいます。ヴァランダー警部はリトアニア警察の依頼でリトアニアの首都リガに赴きます。ここからは、ソ連統治下のバルト三国のいろいろな問題が絡んで、思いがけない展開があります。

何しろ読み応えがありました。中年のさえない警官ヴァランダーに感情移入しやすいこともありますが、とても面白かったです。ただ、前作でもそうでしたが、ヴァランダー警部はすぐに女性に惚れてしまうのは何故なんでしょう?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一風堂の復刻白丸元味と横濱... | トップ | たけのこ尽くし »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。