日常のあれこれをそこはなとなく

写真、料理、ソフトバンクホークス、JAZZなどを書いていきます。最近ゴールデンレトリバーの女の子が来ました。

スリーピングドール

2016-10-29 05:38:31 | 読書
ジェフリー・ディーヴァーの『スリーピングドール』を読みました。



この本は、ジェフリー・ディーヴァーのリンカーン・ライムシリーズからのスピンオフで、『ウオッチ・メイカー』に登場したキネシクスの名手キャサリン・ダンスが主人公です。

カルト集団の主催者で殺人により刑務所に入っていたペルが脱獄し、連続殺人を犯します。ダンスは彼を逮捕するべく奔走します。カリフォルニアを舞台に、彼女の家族や魅力的な周辺人物達が描かれています。思春期の息子の態度に悩み、シングルマザーとしての恋愛感情や家族への想いなどが書かれていて、ライムシリーズとはまた別の趣があります。ただし、終盤のどんでん返しはやはり見事で、とても面白く読めました。



こちらは、キャサリン・ダンスシリーズの2作目『ロードサイドクロス』です。ブログの投稿がきっかけで、ある少年に殺人未遂の疑いがかけられます。ダンスは少年の行方を追っていきますが、殺人予告の十字架とともに連続殺人が起こってしまいます。

この作品では、ブログやオンラインゲームが取り上げられています。さらに、彼女の家族にもトラブルが降りかかります。一気に読まずにいられないのは、ライムシリーズと同じです。ライムシリーズはあと3冊、ダンスシリーズはあと1冊ありますが、いずれもまだ文庫になっていないのは悩ましいところです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アマゾン三兄弟 | トップ | おめでとう日本ハム »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。