日常のあれこれをそこはなとなく

写真、料理、ソフトバンクホークス、JAZZなどを書いていきます。最近ゴールデンレトリバーの女の子が来ました。

ソウル・コレクター

2016-10-18 05:19:46 | 読書
相変わらずジェフリー・ディーヴァーのライムシリーズを駆け抜けております。



ソウル・コレクターはライムシリーズ8作目です。ライムの従兄弟のアーサーが殺人の罪で逮捕されました。本人は無実を訴えていますが、証拠は確たる有罪を告げています。ライムは従兄弟の無実を証明すべく証拠に向き合いますが、そこで遭遇したのはとんでもない難敵でした。

毎回、ライムの冴え渡った頭脳と犯人の知恵比べが面白いこのシリーズですが、今回の犯人は、ネット上の情報を操ることができます。僕たちの暮らしは今やネット上の情報に操られ左右されています。アマゾンでCDを買おうと検索すると、こんなのもありまっせと次々傾向の似た商品を紹介して来ます。情報を操れる人間が悪意を持つとこんなに怖いということを改めて思い知った一作でした。



9作目は電気でした。今回の犯人は電気を操る達人です。電力会社を相手取って次々要求を出しては無差別に電気テロともいうべき手口で人を殺して行きます。電気は実はそれほど高い電圧がなくても状況によっては凶器になるようです。



実はこの本を読んでいる時に、ちょうど東京電力の送電線の事故が起こりました。あれは火災だったようですが、あまりのタイミングにびっくりしました。1時間もかからずに復旧できたようで、日本の優秀さに感心しました。こちらも改めて電力の重要性についても考えました。最後のどんでん返しでちょっとなーと思うところもありましたが、面白かったです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プレミアムモルツ黒とカプツ... | トップ | 海鮮わかめチャーハン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。