馬鹿も一心!

表題を変えました。
人生要領良く生きられず、騙されても騙されも
懸命に働いています。

小線源治療後、妻の病状悪化理解は心強い。

2017-05-19 09:51:40 | 日記

5月18日(木)

昨日は、関節痛で動けなかった。

夕方から、下痢が始まった。

お腹に虫が這いまわるように動く

堪らずトイレに駆け込む。

繰り返す。

 

妻は、私の状況を理解している。

7年前、妻は子宮頸癌発症。

弟の嫁さんは、当時大学病院の副院長兼看護部長であった。

大学病院で集中診察を受けた。

放射線治療を選択した。

大学病院には、放射線外線照射設備はあるが

内部照射可能な」小線源治療設備はなかった。

大学病院の婦人科部長兼教授は、東京医療センターにて

同時に小線源治療を勧めた。

二つの病院での治療を続け昨年完治。

 

 

妻も放射線治療当初、下痢に悩まされた。

婦人科部長が、予防としてウオーキングを勧めた。

一か月以上下痢は続いた。

 

妻は、私が小線源治療後、体調不良を

身を持って理解している。

身内が心身の苦痛を状況判断できるのは心強い。

 

そして、小線源治療を受ける医師が

妻の治療をしてくれたことだ。

 

医師は、日本での放射線治療の第一人者であり

指導的立場です。

 

日本全国から、先生の治療を受けに来られる。

 

医師繋がりは確かに恩恵がある。

偶然の連鎖。

 

愚息と義妹は同じ学校。

その病院婦人科部長は、放射線治療医師と大学医学部同期。

家族、兄弟、友人の励ましに見守らながら

 

まだまだ、続く副作用に耐えねば。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小線源治療後、伊豆より花便り。 | トップ | 小線源治療後、 台湾から病... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。