馬鹿も一心!

表題を変えました。
人生要領良く生きられず、騙されても騙されも
懸命に働いています。

前立腺癌 小線源治療後 癒し谷津干潟を散策。

2017-04-29 17:20:36 | 日記

 

4月23日(日)

夜半の幻覚症状後

 

 

午前10時、だるい体をゆっくり動かしながら

津干潟に向かった。

 

谷津干潟1

「医師より、体は動かしてください」

2009年9月 私は大腸ポリープ切除で入院した。

同時期、大学同期も食道癌摘出手術で入院した。

同期は退院後、声帯を失い喋ることが出来なくなった。

61歳、独身であった。

近くに一人暮らしであった同期を

谷津干潟の散歩に連れ出した。

酒豪であった彼は、昼時、少しのツマミとビール、チューハイを

気持ちよく飲んだ。

無言だが、表情は穏やかだった。

 

2010年6月 余命旦夕迫った。

干潟の先にある病院に彼の妹から

呼ばれ駆けつけた。

同期は、メモを書いた。

「ビール」

医師の許可を受けコンビニで缶ビールを買った。

彼の口は受け付けなかった。

私が代わりに飲んだ。

 

 

干潟では、旅鳥は季節の変わり目に旅立つが

毎年舞い戻って来る。

 

谷津干潟2

2010年6月25日

干潟の先の病院で同期は二度と戻らない旅立をした。

 

 

2010年10月 妻が癌発症の知らせが病院からあった。

妻は放射線治療を選択した。

医師より、「軽い運動をしてください」指示された。

妻の術後、谷津干潟を二人でゆっくり散策した。

 

2010年9月7日 妻の癌は消失した。

「癌が完治しました」医師が告げた。

6年余の歳月が過ぎた。

 

 

本日、風も騒がず、穏やかな水面にシギのカップルが仲睦まじい。

私はゆっくりと歩む。

 

正午に戻らない私を妻が心配してラインが入る。

 

人生もゴールが見えてきた。

ゆっくり 歩もう。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前立腺癌 小線源治療後 幻... | トップ | 前立腺癌 小線源治療後 夕... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
激励 (本田ー爺)
2017-04-29 17:31:05
菊地くん 頑張れ!!しんどいやろうけど
小生は 4月25日入院し 4泊5日で『前立腺肥大をレーザーにて小さくする』手術を
受け 本日退院 タバコを吸おうとすると
少々クラクラしますが問題なし 多少排尿に
まだ少々痛みがありますが問題ありません
ありがとうございます。 (馬鹿も一心です)
2017-04-29 17:38:52
高名なジャーナリストからも
励ましのコメントをいただきました。

多くの友人から
ライン、メール、電話にて
励ましのお言葉を頂きました。

感謝 申し上げます。
時間と共に、痛みは取り除かれます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。