馬鹿も一心!

表題を変えました。
人生要領良く生きられず、騙されても騙されも
懸命に働いています。

介護病院召されても直ぐにベッドは埋まる。

2016-09-19 15:29:36 | 日記

9月16日(金)

 

18時 介護病院に着いた。

 

お袋は車椅子に腰かけ、計算ドリルに集中していた。

  

7月半 真向いのベッドの女性は召された。

 

 

直ぐに、ベッドは埋まった。

お袋と同じ92歳の女性が入った。

 

 

60代の息子、娘は一緒にベッドで添い寝。

親子の情愛を見た。

先週の7日 妻の癌完治の後

 

お袋を見舞うと真向いのベッド空だった。

 

45日程で旅立った。

 

そして 今日、真向いのベッド脇のテーブルで

後ろ向きで女性が食事していた。

 

氏名と年齢82歳のプレートがベッド頭上に貼られている。

お袋より10歳若い。

 

暫くして、看護師が慌てて入ってきた。

老女のテーブルを見て、声をあげる。

贈られ生花の花びらを食べていた。

ナプキンも食べていた。

老女は無言。

 

認知度がかなり進んでいるようだ。

 

自宅では、世話を仕切れないのでしょう。

お袋は呼吸器がなければ生きていけない。

 

この病院にいることが

家族も安心して生活できるのだ。

 

老人ホームではない。

数年後には、私達夫婦にも

介護される時がくる。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブログランキング急上昇の異... | トップ | 夜遅く飲んで 腹パンパン ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。