馬鹿も一心!

表題を変えました。
人生要領良く生きられず、騙されても騙されも
懸命に働いています。

小線源治療後、伊豆より花便り。

2017-05-18 16:29:51 | 日記

先日、10年前、東伊豆に転居した友人から

メールで花便り届いた。

   

私が会社勤め労組書記長であった時

対峙した労務課長だ。

夫人との二人暮らし。

海、山、沢、緑、花々に囲まれ

静かな余生を過ごしている。

   

返信した。

春爛漫伊豆便りありがとうございます。

 

春望 五月雨を掬い取った芳草が

居を構えて幾年月。

今、爛漫と鳥、蝶、蜂を招き

板張りにて、酒を酌み交わし

春色に酔う。

 

我が身を振り返れば

幼き頃は物事知らず。

盛壮の青年期

老いて、病を得て

青春無頼は

一瞬の光芒。

 

若い頃は、人間が身体を虐め

老いては、身体が人間を虐める.

年年歳歳花相似たり、歳歳年年人同じからず。

  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小線源治療後、副作用で激痛。 | トップ | 小線源治療後、妻の病状悪化... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。