菊池川流域同盟ブログ

菊池川流域の市町で構成される河川環境啓発のための団体である「菊池川流域同盟」の情報発信ブログです。

平成29年度ブラジルチドメグサ現況調査結果

2017-06-19 08:10:17 | 日記

ブラジルチドメグサは南アメリカ原産の特定外来生物です。

川岸や水湿地に生えるセリ科の多年草で、茎は這うように分岐して広がり、長さは1m以上になります。

国内では1998年頃に菊池川で初めて大繁殖しているのが確認されました。

密なマット状に群生するので、光などが奪われて在来の水草類が駆逐されるとともに、水中の溶存酸素の減少により水生生物の生息環境が悪化する恐れが指摘されています。

菊池川流域同盟では、毎年5月にブラジルチドメグサの現況調査を実施し、河川管理者へ情報提供しています。

平成29年度の調査結果は以下のとおりです。

 事務局

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成29年度 第1回河川水... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL