名無しの教師の日誌

ある公立中学校教師が教育に関して思うところや日々の日記を綴ります。

レゴランド

2017-04-02 19:16:59 | 日記(その他)
レゴランドに行ってきました。

本当は私こうゆうレビューとか書かないんだけど、今日は書きます。


そもそも何でレゴランドに行くって話になったかなんですけど

嫁がすごく行きたいと言い出して

でも私はネットの様々な不評を聞いていて、あまり乗り気ではなかったのです。

例えば有名になってしまったこの画像。

ネットの拾い画像ですが、このように飲食物のクオリティが低く、価格は高く、持ち込みも不可だとさんざんに言われていました。


(インターネットで広まっている画像)

そのほかにも、ディズニーランドと比較してしょぼいとか、そのくせ入場料が高いとか……

その後、我が家で色々議論が行なわれ、結局、私も、怖いもの見たさのような感覚で、嫁と二人で行きたいと気持ちが変わりました。

嫁も

「すぐに潰れそうって言われてるから、今のうちに行って、潰れてから伝説の語り手になる!」

と言っていました。


で、結論を先に、従業員の皆様の名誉のために書きますが

良かったです。

ただ、いろいろと悪評が一人歩きしていています。

私も行く前はそれを鵜呑みにしていました。

今日実際に行ってみて、従業員の皆様の気持ちの良い対応に触れ、このままではあまりに不憫だと思いました。

そこで肯定的なレビューを書き、それが世間の人たちの目に少しでも触れたら良いなと思いました。

ネガキャンならのポジキャンですね。


まず、入場について。

2017/04/02に行ってきました。

9:40くらいに近くにある市営の有料駐車場に着きました。

何とレゴランド、自前の駐車場がありません。

マイカー王国の名古屋でこれは……と思うところでもあります。

そこからメイカーズピアというショッピングモールのようなものを突っ切って、9:50に券売の列に並び始めました。

そして10:10に入場。

本日現在、その程度の混雑ということです。

駐車場が有料であること、それが中央分離帯のせいですこし入りにくいという難点はありましたが、それ以外はスムーズです。

特に警備係の方たちの練度が高かったです。

そのため外国人観光客の方たちも多かったですが、何の問題も無くスムーズでした。


アトラクションで面白かったと私が思ったのは、まずサブマリンアドベンチャー。

これ正直、行く前は、ディズニーシーの海底2万マイルのしょぼいバージョンだと思ってたんですが、違います。

本物の魚が泳いでます。


(水槽の中に、潜水艦を模したライドで入り、探検することが出来る)

一回は短いですが、待ち時間がそう長くないので、子どもがいれば何度も乗っても良い気がしました。

次が、レゴファクトリーツアー。

レゴ工場で実際に使われている機械が稼働していて、レゴブロックが出来るまでを見ることが出来ます。

そして、最後には記念品ももらえます。


(ツアーの最後にもらえる記念品。実際その施設で作られている)


アトラクションとは違うけれど、ミニランドも良かった。

日本のいろいろな名所等が、レゴで再現されている、巨大屋外ジオラマです。

スイッチを押すといろいろなギミックが作動したり、結構楽しめました。

これは写真を載せません。是非実際に見に行ってみて欲しいと思います。


一つ注意しておかなければいけないのは、アトラクションは基本的に子ども向けです。

具体的に言うと、小学生以下までが楽しめるラインだと思います。

逆に言うと、中高生や、大の大人が楽しめるアトラクションは少ないし、それを期待していくと「ぼったくられた」と感じると思います。

パンフレットにも書いてありましたが、このテーマパークは

「子どもたちの笑顔のために」

です。あくまで子どもが楽しむ場所。大人はその子どもの笑顔、楽しむ姿を見て癒やされる場所です。

巨大なコースターやはげしく動く乗り物がないと満足できない人は、そもそも行くべきではないし、行ってつまらないと批判するべきではないです。

そんなことをする人は、こってりを売りにするラーメン屋に行って「味が濃すぎる」と店員に文句をつけるようなものです。

今日の私は、話題になっている場所の強行偵察およびミニランドが目的だったので、多くのアトラクションをパスしましたが

ゴーカートのようなアトラクションで楽しそうに声を上げる子どもの姿や、子どもたちにていねいに対応する従業員の皆様を見て良い気分になりました。

海賊船に乗って巨大水鉄砲で海戦ごっこをするアトラクションも、夏場、子どもを連れてきたらいいなぁと思いました。


もう一つのみどころは、パークのいろいろなところにある巨大レゴのオブジェ。



(いろいろなオブジェ)

結構面白いですよ。ギミックも仕組まれてるし。

その辺のスタッフさんに声をかけると、笑顔で撮ってくれるところも◎。


最後に食べ物。

価格に関しては、すでに言われているとおり、高い。

でもそれはしかたのないことだと思う。詳しくは後述。

まずここで声を大にして言いたいのは、この記事の冒頭で紹介した写真のような、低クオリティのものではなかった。


(ちゃんときれいに包装されている……あの画像はなんだったんだろう)


(フィッシュバーガー、おいしかったよ)


(妻の食べたチーズバーガー、おいしかったらしい)


(レゴポテト、おいしかったよ)


(チュロス)


さて、紹介はこのくらいにして

私は、今日レゴランドに行って、一つ考えさせられた事があります。

どうしても、同じテーマパークと言うことで、ディズニーランドを基準にしてしまって申し訳ないんですが

ディズニーランドのアトラクションって、どれも1時間待ちとか当たり前じゃないですが。

あれ、楽しいですかね?

少なくとも、自分の子どもに、あの辛抱を強いたいですかね?

勘違いしないで欲しいのは、私はディズニーを批判しているんじゃないですよ。

ディズニーはディズニーで素晴らしいと思うし、その待ち時間を退屈させないように工夫するキャストの皆様を尊敬していますが

レゴランドは別スタイルだということです。

私が今日見た中で、最も長いのは60分待ち。

それでも、そのアトラクションは、少し待っていたら15分待ちになっていた。

子どもが最大限、思いっきり遊ぶにはあの程度の待ち時間が良いと思うんですよね。

我々日本人は、感覚がおかしくなってきてるんじゃないですかね。

長時間待つのが当たり前……それは余暇の過ごし方として正しいのか?

今日、レゴランドののびのびとした空気感に触れてそう思いました。


で、多分アンチレゴランドのみなさんが言うのは

「子ども向け、ファミリー向けなのに高い」

でしょうね。

実際、今日の私と妻の二人を例にしますと、入るだけでおよそ1万4千円、園内での飲食や別料金ゲーム、お土産の購入などで合計2万円くらい使いました。

私と妻には子どもがいませんが、子どももいればかなりの額になります。

そしてパークそのものの規模も、ディズニーランド等には及ばない。

でもね、私、今日言って感じたんですけど、あれ維持費かなりかかってると思いますよ。

広さの割にスタッフが多く、いろいろな意味で行き届いてると思いますが

その分人件費がかかってると思いますし

レゴのオブジェも掃除とか大変だと思うし

ミニランドも、プロが作ったとはいえレゴが屋外に展示されているわけだから、定期的に補修も必要だと思うし

コストはかなりかかってると思いますよ。

でもボランティアじゃありませんからね、そのコストをどう回収するかってなると思うんですけど

値段をあれより安くして来場者数を増やすと混雑して子どもは楽しみにくくなってそもそもの趣旨に反してしまうと思うのです。

だから、多くはない客から、安くない額を取る。

そうゆうビジネス観があるのだろうと推察し、やむを得ない価格設定だと思いました。

年に何度も来るにはお財布へのダメージが大きすぎて無理だと思うのですけど、年に1、2回、親が頑張って奮発してくる分には良いんじゃないか、と思いました。


最後になりましたが

近辺にはショッピングモールや鉄道博物館、徒歩圏内ではないですが同方面には名古屋港水族館もあります。

その辺との相乗効果で、レゴランドが栄えることを祈って報告を終わります。


そして私自身の反省。

「ネットの批評や情報に対しては、懐疑的なくらいがちょうど良い」

を改めて痛感しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 常識って何だろう | トップ |   
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (クワヒロ・バラーナ)
2017-04-17 22:30:39
私もネット上の評判と料金が釣り合わないと思い、レゴランドに行くのであれば、レゴのセットを買えばよいと思っていました。
ですが、この記事を読んで、自分が子供の頃からレゴが好きだったことを思い出すと同時に、今レゴを楽しんでいる自分の子供もいつか連れて行ってあげたいと思いました。
Unknown (筆者)
2017-04-30 13:19:10
コメントありがとうございました。
ネットの情報を鵜呑みにすることの恐ろしさを改めて感じました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

日記(その他)」カテゴリの最新記事