名無しの教師の日誌

ある公立中学校教師が教育に関して思うところや日々の日記を綴ります。

発言には気をつけないとなぁ

2017-08-05 22:46:37 | 日記(学校)
この間、ある大物芸能人のコントライブに行ってきたのですが

その方が、コント中に、たぶんアドリブで

「最近のテレビではすぐ、あれはだめ、これはだめ、って言われちゃうけど、今日は劇場だからいいか~」

といって、下ネタを言って、笑いを取るというシーンがありました。

学校も同じだよなーって正直思いました。

今日は、一昔前の学校だったら、普通に教師が教壇で言っていたであろう発言でも、今日ではたぶんまずいだろうなぁ、というものをいくつか紹介したいとおもいます。



まずは、プリントを配布したときに

「これは大切なプリントだから、家に帰ったら必ずお父さんお母さんに見せてくださいね」

まずいです。

この発言の前提は、「どの家庭にも、普通、父親と母親がいる」ですが

父子・母子家庭や、何らかの事情で親以外の者に子どもが育てられている家庭は、もはや少数派とは言えません

そのため、先ほどの発言は、配慮不足と言わざるを得ません。

適切なのは「家に帰ったら保護者の方(orおうちの方)に見せてくださいね」かと思います。



次に紹介するのは、性に関すること。

例えば、男子生徒がふざけて女性のまねごとをしたとしましょう。

それを教師が、怒るわけでは無く、和やかな関わりの範疇として

「おまえオカマみたいなこと言うのやめろよ~(笑)」

これもアウトでしょうね。

細かいことは言いませんが、LGBTの方への無配慮と言わざるを得ませんでしょう。

一昔前だったら、そもそもLGBTって何?のレベルでしたから、気にすることは無かったかも知れませんが……



あと、これはちょっと違うかも知れませんが

「日本人なら普通これくらいわかるだろー」

という発言。

果たして日本の公立学校に通っている生徒=日本人という認識は正しいでしょうか。

答えは否だと思います。

様々な家庭環境の子がいますからねー。



あとは、何か失言をしてしまったら、これは現代の特徴とも言えますが

インターネットで拡散される恐れがあります。

一昔前はママ友ネットワークと言われていたものが、インターネットで強化された形ですね。

口は災いの元と言いますが、気をつけなければなーと思います。



【以下追記】

一個大事なのを書き忘れていました。

「やる気が無いなら帰れ!」

そこそこの年齢以上の方なら、違和感がない教師の台詞ではないでしょうか。

特に、運動部として青春の汗を流した方には、愛の鞭として感じられるでしょう。

今日では、これはいけません。

理由は、「児童・生徒を教育の場から追放せしめ、指導という職務を放棄している」ととらえられかねないから。

もちろん、言う側にはそのような意図はありません。

でも、みんながみんな、その言う側の意図をくんでくれるという保証はどこにもないし

むしろ誤解を生むリスクが高すぎます。

現代では、児童生徒の心に指導としてしみる期待値に対して、割に合わないほどのリスクが発生する発言です。
ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 特別支援教育のコスト | トップ | 部活が居場所? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記(学校)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL