KIKUのフォトルーム

ひと時の、安らぎ。

アカタテハ・ルリタテハほかイトトンボ2種の姿を・・・

2016-11-08 08:05:56 | 昆虫
自然教育園へ10月下旬の数日を訪れて、
数種の昆虫たちに出会いました。
今回は、その中から園内にてなかなか見れない、
蝶のアカタテハとルリタテハ、見つけにくいイトトンボの、
オオアオイトトンボとホソミオツネントンボの姿を、
色んなアングルで楽しみ撮りました写真を紹介します。

アカタテハ:前翅は朱色と黒色。後翅は茶色のタテハチョウ。
吸水をしている翅の綺麗な姿~園内での今季の初見です。「水鳥の沼」付近の路にて




ルリタテハ:紺色地にルリ色のラインが特徴なタテハチョウ。
残念ながら特徴のラインが薄くなって見えないです




オオアオイトトンボ♂:大きさ41-51㎜ 光沢の強い緑色をした美しいイトトンボ。
姿を近くから~ひょうたん池にて


小枝に止まって居る姿を見つけて~水生植物園にて


細い茎に止まろうとする姿を~イモリの池にて


ホソミオツネントンボ:大きさ35-42㎜ 
体の色は薄茶色で周囲に溶け込み、保護色をしています~枝とほとんど区別がつかないです。武蔵野植物園にて
ちょっとでも、目を離れた間に飛んでしまうと、再び姿を見つけるのが大変苦労します。




-END-

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新宿御苑の秋バラ | トップ | モズ♂とキビタキ♀の姿を近く... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ななごう)
2016-11-09 12:40:32
この蝶2種は、見る事が出来ませんでした。
違う種の蝶を見て居ます。
2頭見て居て、綺麗な羽根のと羽根が欠けたのです。

トンボは、細いのは見る事が出来ませんでした。
アキアカネの様な種でした。
ななごうさんへ☆ (kiku)
2016-11-11 16:36:21
こんにちは。
コメントありがとうございます。

この2種は、時々しか見れない蝶です。
ルリタテハの表翅にある綺麗なルリ色のラインが、
見えないのが残念でした。

オオアオイトトンボは、今は見られなく、
ホソネオツネントンボは運が良ければ見られます。
アキアカネは今でも見られますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL