KIKUのフォトルーム

ひと時の、安らぎ。

今季、初見のクロスジギンヤンマ・トラフシジミの姿と、子タヌキの姿を・・・

2017-05-11 07:57:27 | 昆虫・動物
今回は、先日の5/7に自然教育園内の武蔵野植物園にて、
今季、初見のクロスジギンヤンマの単独産卵と、
トラフシジミの表翅を広げた姿に出会いました。
その他に、4/28に半年振りに出会ったタヌキの姿を紹介します。

クロスジギンヤンマ:大きさ71-81㎜ 胸部が緑色で、腹部の付け根が青色のヤンマ。
ギンヤンマに似るが、全体に黒っぽく、胸部側面に星条が」あることから、見分けられる。
単独産卵シーン


産卵を終えての~飛び出し


ホバリング


トラフシジミ~翅を閉じて、葉っぱの上に止まって


半開きに


広げて~青紫色が、ちょっとだけ輝いています


出会ったタヌキは~子タヌキ、水を飲みに来た可愛い姿を 水生植物園にて






次回もまだ続きますので、よろしくお願いいたします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コゲラの捕食・赤斑・子育て... | トップ | 猛禽オオタカの捕食と枝止ま... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ななごう)
2017-05-14 18:57:06
トンボや蝶の色々なシーン、楽しめますね。
蝶の羽を広げた紫の色が、綺麗です。
タヌキ、子供の様ですがそうすると最低でも3匹存在すると云う事でしょうか?
一度でいいから見たいです。
ななごうさんへ☆ (kiku)
2017-05-15 18:07:27
今晩は。
コメントありがとうございます。

そうですね。トンボや蝶が色々なシーンを見せて楽しませてくれていいです。
久し振りにタヌキの姿に出会いましたが、可愛い子供で、
ななごうさんのコメント通り、園内で親子シーンに出会えた人がおり、
最低でも3匹は居ますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL