KIKUのフォトルーム

ひと時の、安らぎ。

猛禽ツミの幼鳥とモノサシトンボ・ギンヤンマの姿を・・・

2017-07-27 08:33:42 | 野鳥・昆虫
先日の7月12日と7月24日にS公園へ、
猛禽ツミの水浴びシーンを期待して行きました。
7/12は、巣立ちして幼鳥に成長した5羽の内、出会ったのは2羽だけでした。
期待した水浴びも、する寸前までで人の気配を感じて残念ながら撮れず、
その他に、池の縁で1頭のモノサシトンボ♂を見つけました。
7月24日、午前10時頃に行くと、ここの常連の方から、少し前に1羽の幼鳥が飛来したが、
水浴びする前に、気配を感じて飛び去り、その後は、一度も姿を見せずでした。
4月中旬の巣作りから、約4か月間ツミ親子は色んな姿を楽しませてくれましたが、
7月12日が見納めとなったようです。
今回(7/24)も、1頭のモノサシトンボ♂と、此処では初見のギンヤンマ♂と出会い楽しみました。

ツミの幼鳥2羽の~枝止まりの姿 7/12撮影




1羽の枝止まり~親とは変わらない姿になっています




枝から~飛んで


モノサシトンボ~大きさ38-51㎜ 
スマートで黒く、腹部の各節の基部に白い紋があるイトトンボの仲間。
オスは淡青緑色で、メスは黄色っぽい。
体の節が目盛みたいに見えて、まるでものさしのようなので、この名前がついた。
モノサシトンボ♂~7/12撮影


7/24撮影


ギンヤンマ♂~飛翔




-END-
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タヌキと美しいチョウトンボ♂... | トップ | ヒバリの色んな姿を・・・ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ななごう)
2017-07-30 16:04:13
7月12日を最後に見かけなくなったんですね。
巣立ちした雛達も何処かで、餌取りをして居るんでしょうね。
モノサシトンボ、これはたまに見かける事が有ります。
胴体の縦線が、特徴ですね。
ギンヤンマは、余り見かける事が無いです。
ななごうさんへ☆ (kiku)
2017-07-31 22:49:21
今晩は。
コメントありがとうございます。

7月12日が私の、ツミとの見納め、最後となりました。
巣立ち雛は何処かで、餌取りをしていると思います。
色んな公園へ行きますが、モノサシトンボに出会うのは
この公園だけですね。
自然教育園でもギンヤンマの姿は時々しか見かけません。
今年は数が少ないようです。

コメントを投稿

野鳥・昆虫」カテゴリの最新記事