KIKUのフォトルーム

ひと時の、安らぎ。

今季、初見のモンキチョウ・ホソミオツネントンボの姿ほか・・・

2017-03-30 08:05:36 | 花と昆虫
先日、自然教育園へ天気が良かった3/19・3/20に行って、
園内で数種の昆虫たちに出会い楽しみました。
今回は、その中から、今季、初見のモンキチョウ、ホソミオツネントンボ、
キタキチョウ、ビロードツリアブの4種を紹介します。

モンキチョウ~綺麗な姿を 水生植物園にて 3/19撮影




ホソミオツネントンボ:大きさ 35~42㎝ 前翅と後翅の縁紋が重なっている。
イトトンボとしては珍しく、成虫のまま冬を越すので「おつねん」の名がついている。
産卵管がなく上付属噐が見えるので、♂のようです。 3/20撮影




キタキチョウ~フキノトウの花蜜を吸う姿


ビロードツリアブがアマナの花蜜を吸いに




次回もまだ続きますので、よろしくお願いいたします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猛禽オオタカ成鳥と若鳥の姿... | トップ | ジョウビタキ♀とヤマガラの水... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ななごう)
2017-04-05 16:12:44
蝶は、まだ見られないものと思って居ましたがもう既に、出て来て居るんですね。
トンボが成虫のまま年を越えるとは、知りませんでした。
ツリアブ、初めて見ました。
ななごうさんへ☆ (kiku)
2017-04-06 07:47:18
おはようございます。
コメントありがとうございます。

天気が良くて暖かい日には、数種の蝶の姿が見れますが、
曇り空で寒い日は蝶の出が悪いですね。
ブルーのオツネントンボは初見で姿をキャッチして良かったです。
ちょっとでも目を離すと、どこに居るのか見れなくなります。

コメントを投稿

花と昆虫」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL