蕎麦喰らいの日記

蕎麦の食べ歩き、してます。ついでに、日本庭園なども見ます。風流なのが大好きです。

よし清  飯山市

2016-09-15 21:14:45 | 寿司
北陸新幹線が開通して1年。飯山の駅前には小綺麗なスーパーマーケットが開業したようだが、そこから数百メートルの場所には、昔からのお店が残されている。


なにしろ、新幹線駅まで数百メートルだというのに、このようなゆったりとした昔からの土地の構えが変わらないでいる。
これは、長野県の地方都市の文化が旨い具合に破壊されないでいる貴重な一例とまで感じられる。


特上の寿司を注文すれば、ネタは不足ないものが出てくる。


白魚に鯛、南蛮海老と、豪華なネタが並ぶ。


ウニ、イクラ、マグロ、イカ。
よいですね。


新潟の寿司屋さんと少しだけ違うと感じるのは、シャリの扱いだろうか。本当に何もネタが無くても、握った姿を粋に見せる技、そこが越後のお店にあって信濃のお店に見当たらないもののように見える。


確かなネタを食べさせるお店だと思う。
食べ終えた後に、少し考え込んでしまった。

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こそば亭  限定の手挽き | トップ | 瞽女ミュージアム高田  上越市 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (雪だるま)
2016-09-16 05:55:39
いい仕事している
そういう感想が一番の寿司に見えます


寿司屋で
特上、頼んだこと無いです(笑
Unknown (j-garden-hirasato)
2016-09-16 09:14:45
その違い、
分かるくらい、食べてみたい!
Unknown (kikouchi)
2016-09-20 21:57:30
>雪だるまさん
上でも、特上でも、ともかくコースで決まった寿司は一つ桶に盛り込んで出しますよね。そうすると、最初に食べる一カンと最後の一カンでは数分、いやもしかすると数十分も食べるタイミングが変わります。それではネタも酢飯もなかなか最良の条件では食べられない。
一カンずつ注文すると、その時の寿司の全体像は見えませんが、外せないものが味わえるように思います。
Unknown (kikouchi)
2016-09-20 22:06:00
>j-garden-hirasatoさん
信濃の寿司屋さん、この頃は流通もよくなり良いネタも出してくれます。感じとして、良いネタを出したからそれでいいだろう、という感覚を感じます。真鯛やノドグロの炙りまで用意した寿司だから、それで間違いはないはずだ、という感じでしょうか。
越後の寿司屋さんは、もう少しシャリにこだわる感じがします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL