kikoがスタート

2005年8月にスタートしました。
私が観た(見た)、感じた、気になることを書いてます。(^^ゞ

京都・修学院離宮参観 「中御茶屋(なかのおちゃや)」

2017年05月13日 | 観戦・鑑賞・参観ほか
下御茶屋からのつづき・・・


下御茶屋裏門の「下御茶屋東門」


下御茶屋東門を出ると視界が急に開けます。

比叡山を中心にして左手に北山、右手に東山の山々が連なり、正面にはなだらかな御茶屋山です。御茶屋山の斜面に向かって延びる松並木は上御茶屋につづく連絡路で、手前右方向に分岐する松並木は中御茶屋への連絡路です。


中御茶屋に向かって延びる連絡路の左右に田畑が広がっています。
※ 上・中・下の各離宮の間に8万㎡に及ぶ農地です。


中御茶屋表門


階段を上がっていくと・・・


中御茶屋の表門


中御茶屋表門は通らず右横から入ります。


楽只軒(らくしけん)が見えてきました。


左の建物が楽只軒で、みぎの建物が客殿です。
前庭にある小さな苑池は創建当初よりあったことが古図により知られており
客殿前からの遣水(やりみず)が小さい滝となって落ち込んでいます。


楽只軒はみなみがわの庭に面して廂の深い広縁を設け
雨や強い日差しを避けるように工夫されています。


楽只軒の二の間は八畳の座敷で、西側の壁に狩野深い信が描いた金地に
龍田川の紅葉の絵が貼付されていることから龍田の間とも呼ばれています。


池のくびれたところに架けられた石肌が野面の石橋です。


客殿杉戸・山鉾


客殿一の間

一の間は十二畳半で、北側に一間の床の間と一間半の飾り棚があります。床の間の貼付には雲形に金の砂子を散らし和歌とそれに因んだ絵の色紙をつらね、腰貼に金と群青の菱形つなぎ模様をあしらっています。


客殿一の間の杉戸に金色の網で覆われた親子の鯉、二の間には大鯉が一匹描かれています。言い伝えによると、鯉が夜毎に杉戸を抜け出て池で遊ぶので金色の網を伏せたそうです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都・修学院離宮参観「下御... | トップ | 京都・修学院離宮参観「上御... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「修学院離宮」①/京都(2014秋) (京の昼寝~♪)
「修学院離宮」①/京都(2014秋) 【修学院離宮(2014/10/14撮影)】 台風19号が通り過ぎた翌日、参観を予約していた「修学院離宮」に行って来ましたあいにく、雨が残っていて天候......
「修学院離宮」②/京都(2014秋) (京の昼寝~♪)
「修学院離宮」②/京都(2014秋) 【修学院離宮(2014/10/14撮影)】 時折、晴れ間が顔をのぞかしてくれましたが、やはり晴れた日に訪れたかったというのが正直な感想。ま、でもなか......