kikoがスタート

2005年8月にスタートしました。
私が観た(見た)、感じた、気になることを書いてます。(^^ゞ

保津川に架かる鉄橋が、プラットホームになっている「JR保津峡駅」

2017年06月19日 | ハイキング
5月に初めて「旧国鉄廃線跡のハイキング」に参加して楽しかったこともあり
6月の「JR保津峡から阪急嵐山駅」にも参加させて頂き京都駅を出発しました。
(6月16日 金曜日)


JR西日本の山陰本線(嵯峨野線)・保津峡(ほづきょう)駅に着きました。


プラットフォームを囲む柵の隙間から見える渓谷

保津川に架かる鉄橋の上が、プラットホームだと聞いていたので
駅に着いたら忘れずに覗こうと思ってました。(^_^;)))


改札口へ行くのには、階段をおりて鉄橋をくぐります。


自動券売機と簡易改札機を備えた「無人駅」です。


あっ!私たちが乗った次の電車が着いたようです。


秘境駅の一つと数えられる「保津峡駅」の駅舎です。


保津川に架かるこの鉄橋の上がプラットホームです。


駅の前には、数台の車が置かれている駐車場や小さなバス停があり
その先に見える赤い橋を通って、トロッコ保津峡駅へ向かいます。


駅から見えていた「保津峡橋」を渡ってきました。
車が通れるようになっている幅の広い立派な橋です。


鉄橋の上がほとんどプラットホームになっているのが見えてます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幕末の大阪城本丸東側の三重... | トップ | 嵯峨野観光鉄道嵯峨野観光線 ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いいなぁ (なおと)
2017-06-19 20:39:24
生きている間に行きたいなぁ。亀岡の手前だよね。
なおとさんへ (kiko)
2017-06-20 09:46:30
おはようございます。

遠くに感じていたJR保津峡駅が
京都から電車に乗ると思っていたよりも近かったですよ。

次は、トロッコ保津峡駅に行きますので
なおとさんも、このブログでご一緒してくださいね。
コメントありがとうございます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。