伊達だより

一枚の葉書が縁で再会した2人が第二の故郷伊達に移住して第二の人生を歩む

  
  
  
  

  

書への想い

2016-10-13 00:25:43 | 長生大学
 昨日は長生大学の日


    疲れていたのででなくで行ってきた。


    午前中は元小学校の校長先生高橋達夫氏の


    書への想いの講演。



    


    何度か書で新聞に載っていたかただった。



    ソフトな話しかたでユーモアもあり飽きさせなかった。


    毎日黄金で自家菜園に明け暮れているそうである・・・。



   




    午後からはレクで軽いダンス


    けっこう汗が出た。



    最後は詩吟クラブ


    風邪で熱があるので


    ちかれた・・・・。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | 本格的か・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。