伊達だより

一枚の葉書が縁で再会した2人が第二の故郷伊達に移住して第二の人生を歩む

  
  
  
  

  

老猫キキの寂しさ

2016-11-20 02:53:14 | 老いるとは
 札幌の愛猫キキは今年18歳になる老猫


  最近目に見えて痩せてきた


  毎日見ている娘は感じていないらしいが


  動くのもおっくうらしく寝てばかりいる。


  これもしかたのないこと・・・


  人間ならば90過ぎ・・・覚悟しておくようにと娘に

  話す。






  掃除機を取り出すと寄ってくるが前のようにバトルをするでもなく


  なすがまま・・・ただ横たわっているのも悲しい。







  ツメを見ると先の方が曲がっていて肉球に今にも刺さりそう


  それも悲しい・・・






  今のところ痛がっていないらしいが


  様子を見て病院でツメを切ってもらうように言う。


  キキはツメを切ろうとすると断末摩のように叫ぶので

  家での爪切りは無理。


  老いるとは・・・悲しい 切ない


  今までできていたことができなくなる・・・


  せめて苦しまないで逝って欲しい・・・。


  覚悟しないとネ


  老猫キキに自分の来るべき晩年を重ねて寂しくなった・・・。


  


  
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寒い朝に・・・ | トップ | 白い恋人パーク »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

老いるとは」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。