伊達だより

一枚の葉書が縁で再会した2人が第二の故郷伊達に移住して第二の人生を歩む

  
  
  
  

  

伊達紋別駅・・・終着

2017-04-29 20:06:49 | 伊達の名所
 カテゴリー伊達の名所に伊達紋別駅を加えた

 私たちの青春の出発点でもあり



 40年後また移住した終の棲家の伊達


 この駅は昔とちっとも変らず我々を受け入れてくれた


 昔の賑やかさはないけれど


 昔と同じただずまいには


 ホットさせられる。


 


 


 ガンさんこと井がしさんが描いた冬の伊達紋別駅


 


 そうだ


 命からがら樺太から逃げて辿りついたのも


 この伊達紋別駅だったのだ


 まだちっこかったが


 私にとっては運命の駅なのかも知れない・・・。




 
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家庭菜園開始 | トップ | 画家の絶筆 作家を触発 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

伊達の名所」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。