伊達だより

一枚の葉書が縁で再会した2人が第二の故郷伊達に移住して第二の人生を歩む

  
  
  
  

  

自然界のドラマ

2017-03-06 12:57:46 | 野鳥
 今朝野鳥に餌をやりに庭に下りると

  軒下にヒマワリのような形の物体が落ちていた。


  誰がこんなとこに・・・とよくよく見ると野鳥の死骸では

  ございませんか


  大変タイヘン・・・を引っ張って来ると


  これはトビかトンビだろう・・・



  山で何者かに襲われてその残りをカラスが運んできたのかも・・・


  それとも病気で死んだか?


幼鳥かもしれない


  幼鳥・・・?


猛禽類の中には冬に産卵して子育てする種類がいるんだよネ

  冬は木の葉もなく彼らにとっては獲物を狙える絶好の時なんだ


  の想像は尽きない



  



  丁寧に埋めてあげた


 






  垣間見た自然界のドラマでした。



 

  
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カラスに感動 | トップ | 不思議な話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。