目指せ!映画批評家

時たまネタバレしながら、メジャーな作品からマイナーな作品まで色んな映画を色んな視点で楽しむ力を育みます★

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ハウルの動く城 ★★★

2004-12-13 13:59:48 | ★★★
ようやく話題の作品を観てきました。オープニング興行収入は日本新記録だったそうですね。幼少の頃から宮崎監督作品はほとんど楽しく観てきた人間としてはやっぱり期待せずにはいられませんでしたが、宣伝を観たり、各レビューサイトの酷評、いまいちな評判を聞くに至り「期待せずに観よう」と決めて劇場に足を運びました。こんなこと初めてなんですけど、あんまりがっかりして劇場を後にするのは好きじゃないんでそう決めて観ました。

ハッキリ言いましょう!あんまり期待はしちゃいけませんよ~!普通に面白い映画ですが…。
今回は主役がおばあちゃんです。若い子はあんまり感情移入出来そうにないんですよね。声について指摘していた方もおられますが、それもあると思います。主人公ソフィーの声がずっと倍賞さんなわけですが、これが違和感を醸し出します。気にせず観るのは難しいかもしれません。いや気にならない人もいたみたいですが、声に明らかに年季が…若い時期の声は絶対ほかの若い方がやった方がよかったと思うのは私だけでしょうか?

そんなソフィーとは対照的にハウルを演じる木村拓哉はあんまり違和感ありません。しかも最初はキムタクっぽさがなくて驚くくらいすんなりとハウルという役柄を演じることが出来ています。これは特筆すべきことなのか…木村拓哉は基本的にドラマでは毎回同じキャラなので心配していましたがそこは問題無かったようです。ハウルというキャラクターについては色んな取り方が出来そうなのでその辺りはまた考察しようかとも考えています。考えようによっては普段のキムタク像と大差ないようにもとれますから。
そして声以上に気になったのは全体のストーリーです。部分部分ではとてもいいアイデアや題材はあったし途中で手に汗握り感情移入も出来ましたが、全体を見据えるとイマイチ話の芯が見えてきませんでした。筋はありますが、芯がない感じ、わかるでしょうか?これは本当に残念なことです。私は映画に深いテーマを求めていないし、探しながら観たりしません。感じたときは純粋に感動することもありますが。「ハウル~」は観終わったときに「あれ?」と思いました。どうしたかったのか、何がいいたかったのか…大きな見所が見所まで昇華されていなかった感じがします。「千と千尋」のときも感じましたがあちらはセリフの随所に隠しテーマをちりばめていましたがこちらはそれすらないかんじ。
「もののけ姫」くらい鮮烈な作品で全然構わないんですが…宮崎監督はもっとすごく出来たのにそうしなかった…その理由がただただ知りたいです。もしかしたらこれが狙いなのかもしれません。敢えてテーマを設定せずに(反戦などは伺えましたが強くはない)老若男女誰もが心温まる映画にしようとしたのかもしれません。ハードルは低い印象、誰もが気軽に見れますし。う~ん段々そんな気がしてきました。
ラピュタや魔女宅、ナウシカ、トトロのようにはもういかないのかもしれません。インタビューなどでも毎回ターゲットを変えて映画を作っているようなことを言っていました。そうだとすれば監督の年齢的にももう若い子が主人公の冒険潭はやってくれないかもしれませんね。

とにかく期待せずに観れば平均以上に面白い映画なことは間違いありません。アニメのクオリティ、仕事の細かさ、毎度変わらぬ久石譲の素晴らしいテーマ音楽、などなど今年公開のアニメでは間違いなくナンバーワン!です。が、それでもこれだけ賛否話題になるということはみんなアニメ以上のものをみんな求めているのかも知れません。
ただ今年は押井監督「イノセンス」や大友監督「スチームボーイ」などアニメ大国として有名になった監督としてアニメ大作目白押しでしたが、国内ではハウル一人勝ちの様相ですね。リピーターも多いかもしれません。
う~ん色んな意味でこれは問題作だ!
コメント (9)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いま、会いにゆきます ★★★★★ | トップ | シモーヌ ★★ »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (K藤(グルグヴァ))
2004-12-14 11:06:00
TB&コメントを頂いたグルグヴァの管理人ことK藤です(長っ)

お邪魔します☆



すごく、充実してますねー、映評!

これはかなり読み応えがあります。

僕はまだ劇場作品が少ないので、もっと頑張りたいと思ってるんですよ~



映画の感想って上手くまとめられなくてヤキモキしたりするんですが、

kikiさんはどうですか?メモとかとってます?



また、遊びにきますー☆
いらっしゃいませ♪ (kiki@管理人)
2004-12-14 12:08:23
わ~!訪問ありがとうございます♪

誉められたのは初めてなのでとてもうれしいです★

アフィリエイトなどにも興味がない私は色んな方と映画の話題でお話が出来たらな、と思ってこのブログを運営しているので、感想をいただけるとうれしいです(><)



映画の感想ですかー、私は正直どんな映画でも(よほどひどくないかぎりは)楽しめるのですが良いところと悪いところで印象に強く残っているところを覚えておく感じです。続けて違う作品を見る場合は携帯に打ち込んでおいて後でまとめる感じです♪ほとんどの場合はアタマの中にある情報だけでなんとか書いてます・・・(汗)



また遊びにいらしてください~私も行きます♪

Unknown (bamboohouse)
2004-12-22 20:08:48
TBさせて頂きました!

>アニメ以上のものをみんな求めている

そうですよね、少なくとも『ドラえもん』とかを観る気で映画館に行く人はいないと思います。

まさに「宮崎駿」という一つのジャンルを作ってしまったのかもしれないですね。
>bamboohaouseさん (kiki@管理人)
2004-12-23 17:03:53
コメント&トラバありがとうございます!これからもよろしくお願いしますね★

そちらのブログにもお邪魔させていただきましたので!

「宮崎映画」は既に日本ではひとつのジャンル、文化にまで発展しているのかもしれませんね・・・。

ハウルはいいと思います。 (kameme)
2004-12-30 00:36:15
ハウルについては、賛否両論、ものすごいですね。でも、どうしても私も一言いいたくて…。我が家でもハウルは大絶賛でした。子どもと安心してみる事のできる映画です。ソフィ、すなわちソフィア。「知識・知恵」という意味。見る物すべてが「哲学」しなければならないのです。意味不明?不完全燃焼?そんなことありません。むしろ、「もののけ」や「千」のように、一つの価値観を見る者に一方的に与える映画のほうが、私的にはどうも…。「ふーん。そうなのね」で終わり、もう一度見ようとは思いませんでした。(DVDも買いましたが、子どもたちも一度も見ようとしません。)私たちは、もっといろいろな事をいろいろな見方をもって考えなければならないのです。今まさに「コンガラガッタ」世の中です。分かりやすいメッセージで分かった気になるより、自分自身で考える事。現代人が失った力ではないかと思います。(なんだかあまりにハウルに対する辛口評価が多いので、ついついムキになってしまいます^^;)
初めまして (kaoritaly)
2004-12-31 16:27:10
どうも初めまして。

ハウルを見た感想を書いてからいろんな人のブログを

見ていてたどり着きました。

私も同じような感じがしてコメントさせてもらいました。



いいけどよくない。。。



そんな気がします。



でも、アニメとしては素晴らしい映像でしたね。



では、TB戴いて帰ります。

Unknown (kiki@管理人)
2005-01-05 12:45:46
>kamemeさん

コメントありがとうございます★これからもちょくちょくお越しになっていただければありがたいです。

そうですね・・・。私も勿論ハウルはくだらない、つまらないとは思ってはいません。ただ、劇場に足を運ぶ年齢層が老若関係ない作品についてはポケモンやドラえもん以上に色々「映画として」求めすぎてしまうのかもしれませんね。。。。すいません、御気に触ったなら申し訳ないです。



>kaoritalyさん

コメントありがとうございます★そうなんですねえ。よくないというわけではないんですが、ピンと来ないって感じですね。なんとも不完全燃焼で終わってしまう感じなのでちょっと残念です。どうも私は伏線を消化してくれないとダメな人間みたいです・・・・。

Unknown (ハウル)
2005-01-26 18:18:39
映画すごく感動

それにハウルかっこいい大好き

宮崎シリーズ全部見てます



サイコー!!!
Unknown (kiki@管理人)
2005-01-31 01:11:45
>ハウルさん

そうですかー、私もほとんどの宮崎作品は拝見していますが…確かに泣けるシーンもちりばめられていましたが、見終わった後に大感動というのはなくてちょっと残念だったというのが正直なところです・・・すみません汗

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ハウルの動く城 (★★★★☆) (Groovy Groovers)
監督・脚本:宮崎駿 出演:倍賞千恵子、木村拓哉、美輪明宏、我修院達也、神木隆之...
【映画】ハウルの動く城★★★★☆ (ココニイルコト)
『ハウルの動く城』 あらすじ: 父親の帽子店で日々、帽子を作りつづけていた18歳のソフィーは、 ある日、荒地の魔女に呪いをかけられ90歳の老婆になってしまった。 ソフィーはハンサムだが弱虫な魔法使いハウルと出会い、奇妙な共同生活を始める。 感想: 最初、ハウル
ハウルの動く城 (ネタバレ映画館)
 宮崎アニメの世界観が健在だったのがうれしい。街並や戦争の雰囲気からすると第2次世界大戦中のイタリア、フランスが想像できるが、しっかりと魔法使いが存在し、国は全て王国であるという無国籍ワールド。  宮崎作品で重要なポイントの一つに空を飛ぶシーンが欠かせない
ハウルの動く城 (acquoso acutezza)
謎だらけのハウル
ハウルの動く城 (30歳独身男Kazuakiの映画日記)
「素晴らしい! 最後にはそう思った。潤いを感じる感動作だね。ラストには涙が。」 遂に公開されましたね。数多くの人たちが期待している超話題作「ハウルの動く城」。僕も一映画ファンとして、公開初日に早速観てきましたよー。これが今年173本目の観賞です。 今でもアニメ
「ハウルの動く城」宮崎駿 (ロックルのエンタメ日記)
私個人的には「千と千尋の神隠し」が宮崎駿の 「遺作」というか、最後の作品のつもり
「ハウルの動く城」 (私的映画的ダイアリィ)
ハウルの動く城を見てきました。 声優は、倍賞千恵子(ソフィー)、木村拓哉(ハウル) 美輪明宏(荒地の魔女) 以下、なるべくネタバレなし気味で書きます。 声優はキムタクがハウル役と知った時にどうなのかな~と思っていたんですが、 かなり良かったです
ハウルの動く城 (燃えつづけろ!ライター高田!)
宮崎駿監督最新作「ハウルの動く城」を見てきました。皆さんのブログを拝見していると 公開直後は良くないという声が多く、一段落して最近になると 最高だった という声が多くなっているようです。さて僕の感想は一体・・・。
ハウルの動く城 ( FOR BRILLIANT FUTURE)
「ハウルの動く城」を見て来ました。しばらく振りの宮崎アニメのせいか、どの回も満席でした。 シアター環境はTHXとDLP仕様ですので画像・音響共に問題はありません。 が、前もってのこの映画に関する情報が少なかったせいか凄く新鮮に見る事が出来ました。 この映
ハウルの動く城 (Cocco Theater)
評価★★☆宮崎アニメだけあって、安心して観れた。キレイな絵本を動画で観ているって感じやったけど、でもやっぱつっこみどころ満載やった。ハウルの動く城公式サイト以下ネタバレ含む...
『ハウルの動く城』自分流ハッピー解釈 (bamboohouse)
『ハウル』をハッピーな風に勝手に解釈!
ハウルの動く城★★★☆+α/ (kaoritalyたる所以)
話題作、ハウルの動く城を日曜の26日にやっと観に行ってきました。始まってすぐは人も多く、じっくり観たいし・・と思っていたら時間が過ぎて、上映してから一ヶ月以上も過ぎていました。始まって一ヶ月も経つといろんなブログで見かけてヤフーのトピックスでも「ハウルが...
ハウルの動く城 (ひめのひとりごと)
ハウルの動く城を観ました。 内容がちと複雑でわかりにくい映画だと 思いました。 何故、戦争をしているのかとか、ハウルの 使命は何かとか。 宮崎作品の中ではよく出てくる空を飛ぶ シーンが今回もありましたね。ただ、いつも より控えめな感じがしました。
「ハウルの動く城」 (ひらりん的映画ブログ)
今さら・・・いやいや200億稼ぐには公開二ヶ月でも全快で・・・ というわけで、時間があったので見てきちゃいました。 平日20:10からのレイトショウなので1200円。 350名収容のスクリーンにスキスキ10名くらい。 「オーシャンズ12」に続き、またまたど真ん中
宮崎駿『ハウルの動く城』フランスメディアの評判は?(その2:テレラマ、ル・ポワン、エクスプレス、パリ・マッチ) (鯖田鮫蔵の日仏英米メディア彷徨(主にフランス))
 前回の続き。宮崎駿『ハウルの動く城』のフランスメディアの評判を紹介します。今回は雑誌編です。 ル・ポワン(フランソワ・ギヨーム・ロラン)  63歳の宮崎はあり余るほどの想像力をコントロールすることを覚えた。マンガがハイテク化して熱気が失せた時代にあって
宮崎駿『ハウルの動く城』フランスメディアの評判は?(その3:プレミア、ストゥディオ、アヴォワール・アリール) (鯖田鮫蔵の日仏英米メディア彷徨(主にフランス))
 宮崎駿監督『ハウルの動く城』のフランスでの評判を見てみる3回目。「その1」「その2」で「日本より海外の方が評価がいいんですね」という声が多かったが、今回はそれを裏切るかのように低評価のものばかり集めてみました。 プレミア(フランス語版、ジェラール・
ハウルの動く城 ★★ (切腹!)
ハウルの動く城 サウンドトラック「スチーム城もとい『ハウルの動く城』を観てきた」などと、使い古された出だしで失礼。突然のエンディング、終息にかなり戸惑ってしまった。萌えが足りないのか、感情移入がうまく出...
宮崎駿『ハウルの動く城』フランスメディアの評判は?(その3:プレミア、ストゥディオ、アヴォワール・アリール) (鯖田鮫蔵の日仏英米メディア彷徨(主にフランス))
 宮崎駿監督『ハウルの動く城』のフランスでの評判を見てみる3回目。「その1」「その2」で「日本より海外の方が評価がいいんですね」という声が多かったが、今回はそれを裏切るかのように低評価のものばかり集めてみました。 プレミア(フランス語版、ジェラール・
宮崎駿『ハウルの動く城』フランスメディアの評判は?(その4:アヴォワール・アリール) (鯖田鮫蔵の日仏英米メディア彷徨(主にフランス))
 恒例の「ハウルの動く城」シリーズ第4弾。今回は要望にこたえて、前回(その3)部分訳した「アヴォワール・アリール」の批評をほぼ全部訳してみる。  ダイアナ・ウィン・ジョーンズ原作の「ハウルの城」を脚色した「ハウルの動く城(Le chateau ambulant)」は、宮
ハウルの動く城 (m_review)
ハウルの動く城 本当は人気が下がった頃にひっそりと観に行こうかと思っていたのですが、鑑賞意欲に逆らえず友人と一緒にそそくさ観に行ってきました。 日記でも書いた通り観客のマナーは最悪でしたが、さすが宮崎監督作品、アニメーションの滑らかさと鮮やかさは、い
『ハウルの動く城』 ☆☆☆☆ (どブログ)
『ハウルの動く城』は、おばあちゃんの物語です。 おばあちゃんの名前は、荒野の魔女。 この映画でぼくが一番好きなキャラクターです。 彼女は、昔は立派な魔法使いだったのですが、 悪魔と契約して魔女になってしまい、悪さを働いていたため、 王様お抱えの
ハウルの動く城 (シアフレ.blog)
観始めてすぐにその不思議な世界にグッと引き込まれました。 ソフィーとハウルの恋愛を中心に描いた作品で、とても多くのメッセージが込められています。 特に感じたものは、守るべき人を持つという事です。 ハウルがソフィーと家族を守る為、戦争に一人向かうシーンはと
ハウルの動く城 今年の225本目 (猫姫じゃ)
ハウルの動く城 こういう世界観を創ることが出来る人、尊敬します。 宮崎アニメって、その題名を聞いて、これで良い映画になるの?感動できるの?って、思ってしまうのです。この映画もそう。題名を聞いただけでは、見たいと思わない。今までの宮崎アニメの中で、題名を聞.
宮崎駿とジブリの世界 (宮崎駿とジブリの世界)
宮崎駿作品、スタジオ・ジブリの作品とグッズについて徹底紹介するサイトです。無料レポート【映画の心理秘術「風の谷のナウシカ」に学ぶ 心の優しい子供に育てる心理秘術】配布中。
『ハウルの動く城』’04・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ父の遺した帽子店を切り盛りする18歳の少女ソフィー(倍賞千恵子)は荒地の魔女(美輪明宏)に呪いをかけられ、90歳の老婆にされてしまう。ソフィーは、やがてハウル(木村拓哉)が暮らす動く大きな城に潜り込み住み込みの家政婦として働き始めるのだ ...
ハウルの動く城 (新・ぴゅあの部屋)
2004年 監督:宮崎駿 「ハウルの動く城」(★★★☆☆) 兵隊さんがソフィーをナンパするのに、 「子ネズミちゃん」はないでしょw 地味なソフィーに対して、妹はお人形かマネキンみたいね(^^; そーか。 なんで魔女がソフィーをお婆ちゃんにし ...
ハウルの動く城 (ぴょん吉帝国)
監督:宮崎駿 まず、冒頭からの展開がちょっと唐突だった気がします。物語に入りにくいというか。ハウルの弱い部分という所も、もうちょっと強調してほしかったです。もう一つぐらいハウルの弱さを表現するエピソードを作ってほしかったです。そうするといくつかのシ...