ぽんぽこりんのうち日記

おむつなし育児、月経血コントロール、着物暮らし、寝ながらきくシター~癒やしのまどい~


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『人生の塩』

2014年01月26日 | 読書

朝4時。今朝は目標達成できた。いつも4時に起きたいと思っていたけれど最近はマイナス3~4度の京都の朝。寒くてなかなか起きられない。

でも今朝はどうしてもやりたいことがあって、寝てる場合じゃなかった。寝る前にいいことを思いついて、メモしながら寝たのだった。

どうやったら、お母さんや赤ちゃんたちが楽しくおむつなし育児を出来るか、おもしろい計画が思い浮かんだのでワクワクして寝た。起きたらすぐやろう!!

それなのに、起きてみると、テーブルの上にこの本が置いてあった。

    『人生の塩 ~豊かに味わい深く生きるために~』フランソワーズ・エリチエ著,井上たか子・石田久仁子訳、165p(明石書店 2013)

表紙の写真には60年代に撮られたのか現代に撮ったのかわからないような知的なパリジェンヌの上半身。呼び止められて振り向いた格好でなつかしい石畳に微笑んでいる。

たぶん、夫がもらってきた本に違いない。

たぶん昔の、たぶん、あまりおもしろくないコテコテの・・・『人生の塩』という題名から古くさい本に決まってる、

ふふん、と思いながらパラパラめくる。

 

副題は「豊かに味わい深く生きるために」。

育児本やスピリチュアルやより良く生きるための本なんかに飽き飽きしていたから、きっとこれもそんな本にちがいないと思ってしまった。

ところが、あまりにもおもしろくて最後まで読んでしまった。

はじめの書き出しから最後までよかった。注も親切で、訳者あとがきも腑に落ちた。この内容ならこの題名でしかるべきだ。

これは、フランソワーズ・エリチエ(1933~)という構造主義の人類学者の書いた本であるにもかかわらず、一種の散文詩のような本で、フランスで30万部のベストセラーになった本である。

エリチエさんは、ブルキナファソでの現地調査に基づく親族関係や近親相姦の禁止に関する理論で新境地を開いたという人だ。

未開人の「野生の思考」が研究対象とのこと。

本書は、副題のとおり「豊かに味わい深く生きるために」、

感じたことをいくつも書き出している。ただ、それだけなのだけれどたくさんのインスピレーションをもらった。

そうそう、この感覚。忘れていたこの感じ。

一瞬一瞬が与えてくれる喜びや嬉しい感覚に言葉がつけられて蘇る。

 

フランスと日本の違いはあるけれど、こういうのを感じとりながら日々暮らしたら

もっと育児も毎日も幸せ感が増す。

「現代社会に生きる人々が無意識のうちに求めているもの、経済的効率が優先される社会で忘れられ疎かにされがちな一見無意味に見えるような小さな出来事(・・・)」

それらは、個々の文化や歴史を越えて、普遍的に人が人らしく生きるために必要なもの、それらに出会うことによって人生が豊かになるものである。」

そう、この本の魅力は、日々の些細な出来事を「五感で感じること」、

そして「共感することの幸福感」にある。

 

『五感を育てる おむつなし育児』を思わずにはいられない。 

おむつなし育児は、赤ちゃんと繰り返される毎日の出来事にもっと注意深くなって

排泄をきっかけに、日々の雑事をしばし忘れ、

赤ちゃんの醸し出す雰囲気をいっぱいに吸い込み、

独特のいいにおいや、肌のぷよぷよ感、にま~っと、歯のない口で笑うあの感じ、 

あの幸福なひとときに浸るための最適な手段なのである。

 

『人生の塩』。雑事に追われていると忘れがちだけれども

これがなければ人の心は生きていけないくらいに大切なことだ。

 

育児中の私たちこそ、自分の『人生の塩』を書き出してみる必要があるだろう。

今度、おむつなしの会のとき、書き出し大会してみよう。

そうだ、そうしよう。

・・・そういえば、今朝は何をしようと思ってたのでしたっけ。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

妊娠中から知っておきたいおむつなし育児

2014年01月23日 | おむつなし育児

産む場所を選ぶのもそうだけど、

妊娠中から、母乳育児のこととおむつのお世話のことも

しっかり学んでおくとおかないのとでは、ずいぶん違う。

 

『おむつなし育児』Daiper freeの著者イングリッド・バウアーによれば、
赤ちゃんは、もし親や他の大人など赤ちゃんのお世話をする人が
赤ちゃんの出すサイン、おしっこやうんちの前に出すサインに気をつけていてくれるならおむつを使わないでいられます、と書いています。

「出そうになったら、おむつか何か容器をお尻の下に滑り込ませるだけでいい。」

H24年のデータによれば、京都市で出るゴミのうち
7.6%は、紙おむつなんですって。
膨大な量です。赤ちゃんのときから使い捨て製品の大量消費者にしてしまうことに危機を感じます。

大量のゴミや森林伐採など、環境のことを考えても
なるべくおむつに頼りすぎないで、小さいときからいい習慣をつけてあげる人が増えたらいいな。

新生児は、一日15ー25回も排泄します。
一人の赤ちゃんが一日に7−8枚紙おむつを使うとすると(毎回取り替えてもらえない)、
一週間で紙おむつのパックを一袋くらい使う。
すると、ゴミは排泄物も含まれて膨れるので
少なくても45リットル用のゴミ袋がいっぱいになる。

1週間でどのくらいの紙おむつのゴミを捨ててますか。

2年前から介護用の紙おむつの量が逆転して増えてるそうです。

せめて赤ちゃんの人生のはじまりの1−2年のあいだ、

気持ちよく過ごさせてあげたい。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おむつなし大行進

2013年12月14日 | おむつなし育児
「おむつなし大行進」の詳細が決まりました
 ようやくちらしも出来てほっとしてます。

すでにお申し込みいただいた皆さま、ありがとうございました!
 
***
「おむつなし大行進」
(同じ関心をもつママ友をつくりながら、おむつやおむつなし育児しよう)
 
おむつなし育児も育児も、気楽にもっと楽しもう!をテーマに
「おむつなし大行進」を開催します。
 
冬は、お部屋の中で出来ることをしながら、春をわくわく待てたらいいですね。
どうやったらもっと楽しくなるかな、といろいろ考えてみました。
 冬の楽しみ、みつけよう!

おむつカバーやグッズを作るワークショップ,おむつなし写真教室やおむつなしフォトコンテスト、
おむつなし川柳、おむつなしダンス。

最後は、おむつなし大行進(*)で締めくくりましょう!
 (*おむつなしに効くカラダほぐしのワークをした後、鴨川で大行進(やり手水しながらお散歩)
 
各回ともおいしいものを用意してお待ちしてます☆
 
 
 
【日時】2014年①1/16(木), ②1/30(木), ③3/19(水), ④4/30(水), ⑤5/17(土)
    10時30分~12時

  (通し参加でも、一回のみの参加も可能です)
 
 
【内容】

①2014年1月16日(木)10時30~12時 
「プロカメラマンに教わる 赤ちゃんとママの写真教室」(京都市 京阪「三条」駅)
 
  *同時開催:おむつなしフォトコンテスト(募集)+おむつなしアイデアグッズ紹介(ご自慢のものがあればご持参くださいね)

 【定員】10名(先着順)(終了)
 
 【持ち物】カメラ(普段お使いのデジカメ、写真の撮れる携帯電話など)。
 【参加費】1500円(ナチュラルスイーツ付き)

  【講師】草本利枝(写真家)
    ダンサーの写真など、とても素敵な写真などを撮るフォトグラファーです。京都在住。
 

②2014年1月30日(木) 
「世界でたった一つの おむつカバーを作ろう orおむつなしグッズを作ろう」(ワークショップ)
(京都「ママネ」。「二条城前」駅)
 
    【定員】おむつカバー5名(満席)、 おむつなしグッズ5名(残席1名)
 
  【内容】ミシンまたは手縫いでちくちく、おむつカバーやおむつなしグッズを作ります。
 
     ●おむつカバーは、すぐに縫いはじめられるように、後は縫うだけというところまで用意しておきます。
     ●おむつなしグッズは、ホーローおまるの便座カバーとすっぽりカバーセットを作ります(フリース)。
  
  【持ち物】裁縫道具

     【参加費】3500円(材料費とヘルシーお弁当代込み)
 

③2013年3月19日 
「おむつなし川柳をつくろう」(おむつなしサロン)
  【内容】おむつなし育児ミニレクチャー+交流会+おむつなし川柳をつくろう!

  【定員】15名 
   【参加費】1000円 (ナチュラルスイーツ付き)
  

 ④2014年4月30日(水) おむつなしダンス
  おむつなし育児をテーマにした「おむつなしダンス」。

 最初に、赤ちゃんと一緒に15分くらいの短い舞台を見ます。
 その後、赤ちゃんのおむつのお世話に役立つカラダのワークを行います。
 
  【踊りとナビゲーター】伴戸千雅子(ダンサー・振付家)
      【参加費】1500円 
 

 ⑤2014年5月17日(土) おむつなし大行進

 室内でカラダほぐしのワークを簡単に行ったあと、鴨川で大行進!
 お天気よければ、わいわいお散歩しましょう。雨天の場合は室内で。
 (室内、および鴨川)

   【ナビゲーター】伴戸千雅子、西山由紀、他 
   【参加費】500円(おやつ代)

 
 
【会場】①③④「東山いきいき市民活動センター」(京都市 京阪「三条」駅)

    ②「ママネ」(京都市 地下鉄東西線「二条城前」駅、烏丸線「丸太町」駅)

    ⑤「東山いきいき市民活動センター」出発予定~鴨川(雨天の場合はそのまま室内で開催)
 

【参加費 】①~⑤通し参加の場合:8000円(要予約 先着順)
     *一回の参加も可能です。

【お申込み】おむつなし育児研究所 京都サロン webサイトから
 
 
 
------------------------------------------------------------------
 
●はじめておむつなし育児をしてみたい人におすすめ
2014年2月20日(おはなし会)
「赤ちゃんが気持ちいい!ママも嬉しい!日本に伝わる 赤ちゃんのおむつのお世話」

●同時開催:おむつなしフォトコンテスト(3/31締め切り)
 http://www13.jimdo.com/app/sd208a2fc560f354f/p8c471679da126837/
応募先:france.cithare@gmail.com
------------------------------------------------------------------


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新春 おむつなしサロンのご案内

2013年12月14日 | おむつなし育児

さて今年ももうすぐ終わりますね。皆さま、どんな一年でしたか。
2014年新年に開催予定のおむつなしサロンのご案内です。

  ・講演会
  ・(冬~春)「おむつなし大行進」


【講演会】
・2014年2月20日(月)(京都市 京阪「三条」駅)
「赤ちゃんが気持ちいい!ママも嬉しい!日本に伝わる 赤ちゃんのおむつのお世話」
 http://haisetu-ikuji.jimdo.com/スケジュール/講演会/

 これからはじめてみたい!という人、おむつなし育児って何?
 という人に向けてお話します。興味のある方がいらしたらお伝えくださいね。


【冬~春 「おむつなし大行進」】

赤ちゃんのおむつを通して育児をもっと楽しもう!
をコンセプトに開催することになりました。

楽しむために、どうしたらいいか考えて5月まで盛りだくさんの内容を企画中です。

まずは新春、
出る前と、出た後のスッキリした写真が撮りたいと思い、
おむつなし育児のフォトコンテストを開くことになりました。

おむつ&おむつなし育児をしている赤ちゃんや子どもたち、
親子写真など。

最優秀者には、賞金として誠に些少ですが図書券(1000円)をお渡しします。
プロのカメラマンが審査員をしてくださいます。
http://haisetu-ikuji.jimdo.com/スケジュール/フォトコンテスト/?logout=1


でも、その前に、写真の撮り方を教えて貰ったらおもしろいかも!・・・・ということで写真の撮り方教室を開きます。

どんどん大きくなっていく 赤ちゃんの「今」をとらえたい。
ふだんお使いのデジカメや携帯で撮影するときのちょっとしたコツ。

興味のある方いらっしゃいますか??

ダンサーの写真などを撮っている女性のプロカメラマンの草本利枝さんに教えてもらいます。

【日時】1/16(木)10:30--12:00 
【会場】東山いきいき市民活動センター(京都市「京阪三条」駅 徒歩5分)。



それから、新年の2回目は、

1/30(木)(ワークショップ)(会場「ママネ」京都市中京区「二条城前」駅)
「世界でたったひとつの布おむつを作ろう or おむつなしグッズ作り」

毎回好評のおむつカバー作り。

今回は、おむつバンド,または、冬の必需品ホーローおまるの便座カバーとすっぽりカバーの作り方も伝授させていただきます。

 参加費:3500円(材料費とヘルシーお弁当代込み)

お申し込みはこちらから
http://haisetu-ikuji.jimdo.com/お申し込み/

また続きは次回お知らせいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Do you Kyoto?

2013年12月13日 | おむつなし育児

おむつなしサロンは「おむつなし育児研究所 京都サロン」となって、

京都市の環境のDo you Kyoto ?(環境にいいことしてる?)というプロジェクトに登録しました。

おむつなし育児の取り組みや、そこから広がる世界は、

まさに環境にやさしい暮らし方ですよね。

Do you Kyoto ?へは、ノーマイカー、ライトダウンに賛同しています。
毎月16日は特に、車に乗らず、消灯をこころがけたり、早寝ができたらいいな。
各家庭でひそかに実施することになります。

こんな取り組みに協力してくれる人、どなたかいらっしゃいませんか??

いらっしゃいましたら、さっそく来週12/16(月)、消灯や車に乗らないことが出来た方、メールください。いくつの家庭で実践してもらえたか、
数をカウントして報告したいと思ってます。

雨が降らないといいけれど!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加