社っちょうさんの工事現場漫遊記

レンガ外壁工事現場をめぐりながら工事現場の進捗状況のみならず道中でみた景色、自然、ハプニングを楽しく書き綴って行きます。

関東最後は高崎で打ち合わせ

2016年12月07日 | Weblog

吉田眞奈美さん、吉田建設さんの娘さん。
2級建築士、バリバリの仕事師。
このお宅の設計図から始まり確認申請、現場監督までこなすスーパーウーマン。
しかもやさしいんです。
私が帰る際、アンパンを差し入れてくれるやさしい心の持ち主です。
細かい気遣いで、このK様邸もきっと素敵なレンガの家になるでしょうね。

北側からスタートしたレンガ積み工事も西側を完了して南側もほぼ積みあがってきています。
南側がネットがないので積んだ様子が見えてきています。
アイボリーレンガとダークブラウンのコラボが実にいい雰囲気を出しています。

冬の日はなんと早く傾くんでしょう。
夕日が妙義山にかかって幻想的な雰囲気のある山なんでしょう。
天狗が出てきそうな山ですね。

佐久に入った頃にはすでに落日となっていました。
夕日がきれいなことと天使のはしごが見えていました。
天使がこれから通る白樺高原に下りているようですよ。
そいじゃ白樺高原で確認していくに。

高原に到着する頃にはあたりはすっかり夜の帳が下りています。
天使が一緒に映るかなあって撮った写真には残念ですが天使が降りた様子はありませんでした。
空から降りたものは雪だったんですわ。
まだノーマルタイヤだったんで超徐行で走行して来ましたよ。
ここ付近の地面は凍ってツルツル、まあ怖かったこと。
天使が安全を見守ってくれてたんですね。
そんなわけで今日はスタッドレスに履き替えました。
これで峠道も安心していけそうですよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 摩天楼を抜けて | トップ | 体のケアに半日休み »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。