まいど、日本機関紙出版です。

〒553-0006 大阪市福島区吉野3-2-35
 TEL06-6465-1254 FAX06-6465-1255 

なぜ改憲したいのか、さっぱりわからん安倍さんのメッセージ

2017年05月05日 | 丸ちゃんの喜怒哀楽へなへなジャーナル
安倍自民党総裁は、3日の憲法改憲派の集会に寄せたメッセージで「憲法はたった一字も変わることなく、施行70年の節目を迎えるに至りました」と、とても残念そうに語っている。

確かに安倍晋三個人にとっては、それはとても悔しいことなのかもしれないが、だいたい憲法擁護義務を持ってる公務員の最高地位にある人が、いくら今日は自民党総裁という立場だと強調しても、そんなことをこういう喜ぶべき日に言っていいんだろうかと思う。どうもこの辺の感覚がまず持っておかしい。こうやって、公人と私人を使い分ける手法は、安倍家の得意とするところなんだろうか?

元々自民党は、押し付け憲法はいやだと、だから自主憲法制定という、現憲法とはまったく違う憲法制定を目論んでいて、安倍総裁のおじいちゃんなどはそれが叶えられずこの世を去り、その夢を引き継いで実現したいと孫の安倍総裁は思っていたわけなのに、いつの間にか自主憲法制定なんか出来るわけないじゃないということが党内で認識されてきたのか、自主憲法制定を主張する勢力は少数派になっている。
でも安倍さん自身の思いは、やはり自主憲法制定派だろうしそれは変わっていないんじゃないかと思う。そのことに対する悔しい思いが冒頭の挨拶に表れてるんだろう。

それにこのメッセージを読んでも、いったいなぜ憲法を変えなきゃいけないのか、その理由がまったくわからない。

ただそれらしき理由は挙げている。災害救助などで自衛隊の支持が高まっているのに、憲法学者などの中でその存在が違憲にされているのはあまりにも不憫ではないか。だから9条に3項目として自衛隊合憲を明記したいと。なるほど、それは作戦としては効果があるのかもしれないが、その先があまりにも見え透いているんじゃないの。

また教育の無償化も挙げてるけど、こんなこと別に憲法に書き込まなくてもさっさとやればいいわけで、これを改憲のための政治的駆け引きに利用することこそ、現実に教育費無償化を望んでいる国民を愚弄しているとしか言いようがない。

そもそも、GHQ・アメリカからの押し付け憲法だと言って自主憲法制定を主張していたのに、それが難しくなると、解釈改憲で次々と憲法違反の法律を強行。そして、同じくGHQ・アメリカの手によって押し付けられ作られた自衛隊を今度は、その押し付けられた憲法に明記したいとは、この首尾一貫の無さというか…。

さらにメッセージは「次なる70年に向けて日本がどういう国を目指すのか」と、もう何年も政権を担っているのにそんな大事なことをまだ方針として持ってないって、はあ、どんな政府やねん。おまけにそれをはっきり打ち出すのは2020年のオリンピックまで待てって、わけわからんでしょう。

結局のところ、かなり飛躍した思いやけど、安倍さんの頭の中には、国民のことを真摯に考え憲法の理想実現のための政治を行うという姿勢が欠如し、大企業やアメリカの顔色を伺いながら、その中で自分たちの利益を如何に確保しつつ子子孫孫に残していくかというような、そういう自分勝手な思い込みしか存在しないんじゃないかと思ってしまうんですよね。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 憲法施行70年の日に思う | トップ | 共謀罪法案を廃案に〜共同か... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

丸ちゃんの喜怒哀楽へなへなジャーナル」カテゴリの最新記事