まいど、日本機関紙出版です。

〒553-0006 大阪市福島区吉野3-2-35
 TEL06-6465-1254 FAX06-6465-1255 

「兵士たちが記録した南京大虐殺」~NNNドキュメント'08、4月6日(日)24:55~25:50

2008年03月25日 | 新刊案内

 小社刊行の『私の従軍中国戦線』村瀬守保写真集 一兵士が写した戦場の記録――の一部写真を映像資料として使ったNNNドキュメント’08が4月6日(日)の深夜12時55分から1時50分まで放送されます(日本テレビ系列)。


 福島県在住の民間研究者が南京作戦に参加した部隊を調査した結果、集めた陣中日記に1937年(昭和12)12月16日と17日に収容した捕虜約15000人を揚子江のほとりで虐殺した記述を発見、同様の記載が数多く見られることから南京虐殺の事実を裏付ける貴重な資料として『南京大虐殺を記録した皇軍兵士たち』(大月書店)として出版されています。番組はこの研究者の調査活動を取材しながら南京事件の真実を明らかにするというもので、通常の30分放送を1時間に枠を広げて放送するという力の入った内容となっています。多くの方の視聴を呼びかけます。なおCS放送(日本テレビ)で再放送も予定されています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一味も二味も違った内容の本... | トップ | 50年目の大ショック!! »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
番組を見ての疑問点 (加藤)
2008-04-07 10:57:20
虐殺といっても兵士に対するもののみで、南京市民らに対するものは番組内ではみつかりませんでした。
また少数の部隊という狭い範囲の証言のみ。しかも当時南京にいた外国メディアなど、他方面の情報とのすり合わせもなし。
存在したという多くの死体の追跡調査も…
真実解明の歴史資料として、採用するに足るものは多くなかったと思います。
NNNドキュメントをみて (吉井@杉並区M56です。)
2008-04-08 07:33:10
録画したのを、きのうのみましたが、上海に派遣された部隊の歩兵第65連隊(福島)が
予備役の兵であったことに、驚きました。みないったん兵役を終えて、家族のために働いて
いて、再招集された部隊ですが、この昭和12年当時から大幅な軍の増員がなされていたのですね?
私の父親が定期招集されたのは昭和13年ですがこれが、2年後?除隊後即再招集されたのは、
もう日中戦争が泥沼にはまっていた時期なので、よくわかりますが、福島の歩兵第65連隊のみなさま
の場合は、なんだかまだ初戦で、ひじょうに気の毒だったように思いました。

それと上陸した部隊が、初戦でひじょうな苦戦で、おおきな犠牲をだしていたことも
はじめて知りました。南京攻略部隊にたいしての、補給がまったくなされていなかったのは
私の推測ですが、おろらく、政府を説得させるため、事変終息させるはずの南京攻略をしゃにむに急いだから
じゃあないかと思います。


追記: 南京のことはともかく、こないだ本で読んだのですが、マレーで、華僑7万人ちかくの
大虐殺がありましたが、これは、反対する参謀たちを押しのけて、辻参謀が命じたことだと
知って、納得しました。この男は、ノモンハン・ガダルカナルなどで失策・・・・その他ろくでもない虚勢だけの
おろかものですが、そういう虚勢だけしかない人間を、理性派にたいして、養護する
体質がいかにできあがっていったのか?ぜひ誰か専門の方に本に書いてもらいたいです。



私の推測では、やはりこれは、辻参謀の、個人的な事情からきたもので、それは日本の民族体質
とは無関係のものであったような気がします。ひじょうに貧しい家の出身で、中学いくこともできず小学校、幼年学校から士官学校、陸大とすすんだのですが、こういうひとには一般知識が欠乏していてなおかつ貧しさから社会にたいする憎しみももっています。そういうもろもろのコンプレックスが虚勢・大言壮語として、爆発するのは、むりからのことであったような気がします。
(ぜんぜん違いますが、秀吉が晩年、朝鮮で大虐殺を命じたのも、そんな感じでしょう)

やはり無学な軍人が大言壮語の虚勢だけで、権力を握ると
ひじょうに恐ろしい愚かなことが、どうどうと行われてしまうということでしょうね。
ご期待にそえる内容ではなかったのですか。 (機関紙出版 丸尾)
2008-04-09 15:49:05
コメント、ありがとうございます。
そうですか、あまりご期待に添える内容ではなかったのですね。私は実はこの放送日、体調がまったくすぐれず、番組のことは完全に忘れていまして、早めに就寝してしまったものですから、見ていないのです。今度CS放送では見たいと思います。
Unknown (機関紙出版 丸尾)
2008-04-09 16:12:37
コメント、ありがとうございます。
長い間戦争をしていたから、何度も戦地へ行った人もいるのですね。最後のほうには老人や障害者までも戦場へ駆り出されていたそうで、そう人たちが最前線に投入されていたと、私の父(81歳)も話していました。まったくどうかしている、それが戦争なのでしょうか。
否定的なコメントそのものが (核心)
2008-06-12 09:07:48
南京大虐殺に対する否定的なコメントはあまり気にされないほうがいいと思います。
南京の否定は非常に今日的な問題です。
もともと自衛隊を作ったのが旧軍人で、彼らにより否定的、矮小的に捏造されてしまっているのですから。
文藝春秋社、新潮社などでさえ捏造派に属するのです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む