キジトラ

高永ひなこ先生の『恋する暴君』萌え中心ブログです。
森永くん寄りの記事多し。
くだらない毎日を楽しんでいます。

ギリギリメリクリ

2014-12-25 | Weblog
こんばんは!メリクリです!早くしないとクリスマスが終わってしまう。

やめるやめる詐欺みたいな感じで何とか続いているブログです。見てくださってありがとうございます♪
久しぶりにSS書きたくなって、暴君の真崎さんとこ読み返してました。真崎さん超可愛いです。また出てきて欲しい。
真崎さん達のところを読んでから兄さん達のところを読むと、ホッとしますね。安定のイチャラブ。
うん、やっぱり私、暴君が好きなんだな。

寒い日が続いてますが、皆さんカゼなどひかれませんよう。

あ、こないだ暴君9巻の独語版が出てたので買いました。真崎さんドイツ語しゃべってるーv
でもね、ドイツ語の「S」の発音て「ざじずぜぞ」で、「J」は「やゆよ」になるんですよ。まざきゆんあ…。ドイツの皆さんはちゃんと正しい発音で読んでくれてるのかしら???
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SS「恋人たちのクリスマス」(真崎さん×国博さん)

2014-12-25 | 暴君 SS
 真崎にクリスマスプレゼントを渡したいのだか、一体何を渡したら良いのかわからない。
 思えば、これまで付き合ってきた女性達は楽だった。何がいい?と聞いて一緒に店に行き、好きなものを選んでもらって、俺は財布を出せばそれで済んだ。とりあえず喜んでもらえれば、あとはどうでも良かったのかもしれない。
 真崎にも直接聞いた方が良いのか、いや、なんとなくだけど、あいつは何もいらないと言う気がする。この前ボーナスが入った時、何か欲しいものは無いか聞いてみたら、あいつは何もいらない、国博と一緒にいられるだけで十分だよと言って笑った。結局、俺のおごりで一緒に食事をしに行って終わってしまった。
 真崎はあまり物欲が無い。四国の親戚の家を出てから住まいを転々としていたそうで、物を増やさないことが習慣となっているようだ。それは分かっているけれど、やはり何かプレゼントをして喜ぶ顔が見たいと思うのは、俺のわががまなのだろうか。
 何をあげたら真崎は喜んでくれるのか、ここ数日ずっと考えていたが良い案が浮かばない。誰かに意見を求めてみようかと、哲博に電話しかけて慌てて切った。元彼に聞くバカがどこにいる。どうにも煮詰まってしまって、職場の同僚にそれとなく尋ねてみた。
「あの…村田さん、ちょっといい?」
「はい、何ですか?」
「えっと、贈り物…こう、その、季節の贈り物というのは、何が喜ばれるんだろう?」
「お歳暮ですか?」
違う。でもクリスマスプレゼントだなんて、言えない。
「うん…まぁそうあれだ、一般論として、普段お世話になっている人にお礼の気持ちを込めてというか…」
「そうですねー、サラダ油とか無難じゃないですか?私唐揚げ作るの結構得意なんですよ。良かったら今度森永さんにも持って来ますよー」
いや、唐揚げはいらない。
「や、だから、お歳暮じゃないんだ。何というかその…」
「でも一番嬉しいのは商品券だったりしてー。あはは」
話にならなかった。やはり自分で考えるしかないようだ。

 携帯電話のメールの着信音が鳴った。今電車が駅に着いた、もうすぐそっちに着くという国博からのメールだった。12月25日、クリスマス。こんな風に部屋で国博を待っているなんて、冗談のような気がしてならない。1年前の今日とは全然違う。
 この数ヶ月で俺を取り巻く状況は目まぐるしく変わった。もう二度と会うことも無いと思っていた元親友の国博と、俺は今付き合っている。なんだか信じられなくて、そのうち夢から醒めて、俺はまた孤独に戻るんじゃないかと思う時がある。そんな俺の不安を取り除くように、国博は少しずつ丁寧に、俺の頑なな気持ちを解してくれる。まるで恋人同士みたいだなと冗談めかして言ったら、国博は憮然とした表情で「恋人同士なんだ」と断言してくれる。
 冷蔵庫からケーキを出し、鍋のシチューを温め直していると、ドアベルが鳴った。合鍵を持っているんだから勝手に開けて入って来れば良いのに、必ずドアベルを鳴らすところが律儀な国博らしい。
 部屋に入って来た国博は、俺に小さな紙袋を手渡した。「プレゼント。クリスマスだから」という言葉に、俺は焦って「あ、ありがとう」としか返せなかった。もちろん、俺もちゃんとプレゼントは用意しているけど、やっぱりこんなシチュエーションは慣れてなくて、戸惑ってしまう。開けていい?と聞くと、国博はうんと頷いた。
 紙袋の中に入っていた小さな包みを開くと、中にはキーケースが入っていた。チョコレートブラウンのアンティーク調のレザーに、ブルーのステッチが入っている。
「お前の鍵に付いてるの、あれ不動産屋からもらった時に付いてたままのやつだろ?部屋番号を書いたプラスチックのタグ。ずっと気になってたんだ。良かったら、使ってくれ」
「…結構ちゃんと見てんだな」
「当たり前だ」
なんだかすごく照れくさい。キーケースを箱から出して、スナップボタンを外してみた。ゴールドのキーリングが四つついていて、そのうちの一つには鍵が付いていた。
「…これもしかして、国博の家の鍵?」
うん、と頷いたまま、国博は顔を上げない。
「店で恥ずかしくなかった?」
「…すごく恥ずかしかった」
絞り出すような声で、国博が答える。
「いつもこんなことして女の子落としてたの?」
「バカ、そんな訳あるか。俺の家の鍵、お前に渡してなかったから…それでちょうどいいかなと思って…」
俺が何も答えないでいると、国博は不安そうに「やっぱりこういうのは変か?」と言った。
「全然変じゃないよ。嬉し過ぎて、何て言ったら良いかわからない」
 俺のことを考えて、一生懸命になってくれる国博が愛しい。
 過去は変えられないけど未来は変えられるんだなと、俺はその時少し、神様の存在を信じた。

(オワリ)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はねまさんに捧ぐ

2014-09-08 | Weblog
この間はねまさんとのオフ会で真崎さんと国博さんのかわいいイラストをいただいちゃって、それはまた改めてご紹介させていただきますが、私からは何のお返しもしておりませんので、この場を借りてはねまさんにこれを捧げさせていただきます。

こっそり練習してくださいませね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

やってみた。

2014-04-03 | 暴君
今流行りのハンドサインネタやってみました。




久しぶりの更新でこんなんすみません。
なんだかやる気スイッチが入んなくて、もうこのまま消えてしまっても良いのかもしれないと思ってました。
あ、本とかはちゃんと買って読んでますよ!
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

取り急ぎ。

2013-12-08 | Weblog
こんにちは!皆さんお元気ですか?
とうとう師走に入りましたねぇ。

夏からずっと忙しかったので、ちょっと旅に出ています。ワタシ的には聖地巡礼wな行き先なので、無駄遣いせんようお財布の紐をしっかり締めて参りたい所存です。

という訳で、諸々の感想遅くなります。簡単に情報だけ上げときますね。

【シエル】乱れる終わりました。鬼島さんの本気…と思いきや、市川さんの本気が見られました♪ きみ恋シリーズはこれで終わりとのことで、とても寂しいですが、新シリーズに期待しています。暴君を含め、一つのシリーズを続けてくださるのはファンとしては大変嬉しいことですが、作家さんとして考えると高永先生はもっと新しいシリーズをお描きになられても良いと思います。
さて乱れるの2巻は来年春の発売、その時にはシエルで何か企画があるとのことです。

【ビーボーイ】サイレント始まりました。隔月連載。私の大好きな田宮くんカプのお話なのが嬉しいですv

【ガッシュ】来月発売(1月7日)のガッシュに真崎さん話の後編が掲載されます。なんと雑誌表紙なんですよ!もちろん当然絵は真崎さんですよね?!
真崎さんがガッシュの表紙になるなんて~♪んもう浮かれちゃいますよね!本屋に平積みになった真崎さん表紙のガッシュを、私は写メして大事に取っておきたいです。めでたいね!

以上簡単ですが、取り急ぎ。
では後ほど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加