kiirr6uz

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スマートフォンは新興国市場向けローエンド製品が一層拡大し2018年には半数超え--矢野経済研究所

2017-06-28 16:35:07 | 日記





矢野経済研究所は2014年3月14日、「スマートフォン?タブレットの世界市場に関する調査結果 2014」を発表した。2013年の世界のスマートフォン出荷台数は10億8821万台で、需要が一巡した先進国市場から、今後は新興国市場へと市場拡大の中心がシフトすると見ている。

2013年の世界のスマートフォン出荷台数は10億8821万台で、2014年には13億4188万台へと増加すると予測する。従来型の携帯電話(フィーチャーフォン)に代わり、世界市場全体でスマートフォンへのシフトが進んでいることから、出荷台数が大幅に増加する傾向にある。矢野経済研究所では、先進国市場では需要が一巡してきたため、今後の市場拡大は新興国が中心となると予測する。

価格帯別に見ると、これまでの市場は400米ドル以上のハイエンド製品が主流だったが、新興国市場向けに開発された200米ドル以下のローエンド製品の伸びが著しい。2013年の総出荷台数10億8821万台のうち、ハイエンド製品は4億4432万台、ミドルレンジ製品は3億7529万台、ローエンド製品は2億6860万台だった。2014年には13億4188万台のうち、ハイエンド製品が5億3139台、ミドルレンジ製品が4億2585台、ローエンド製品が3億8464台と予測され、ローエンド製品の比率が24.7%から28.7%へと高まる。この増加傾向は今後も続き、2018年にはローエンド製品がスマートフォン全体の半数を超えると予測。ハイエンド製品とローエンド製品の二極化が進むと分析する。

ディスプレイサイズ別の出荷台数を見ると、2013年は5インチクラスの出荷台数が5億2216万台と最も多かった。全体に占める比率は48.0%だが、今後も5インチクラスは増加を続け、2018年には71.3%にまで達すると見込む。4インチクラスは減少、6インチクラスは2018年に2割を超えるまで成長すると予測する。

一方、2013年の世界のタブレットの出荷台数は2億2090万台だった。ディスプレイサイズ別に見ると、7インチクラスが8925万台、8インチクラスが7805万台と、これらだけで75%以上を占めた。従来主流だった10インチクラスは前年実績を割り込み、4910万台にとどまった。2014年の世界のタブレット出荷台数は3億290万台と予測する。


【報道発表資料】
?スマートフォン?タブレットの世界市場に関する調査結果 2014





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【レポート】iOS 8でカメラ?... | トップ |   

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。