棋院海外室Go日記

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

日本棋院でAI碁スペシャル解説会!

2017-01-12 16:08:51 | 日記
あのアルファ碁の進化版「Master」が2016年末にネット上に出現、並み居る世界のトップ棋士を相手になんと!驚愕の60連勝を果たしました。

この60局ではMasterによってこれまでに無い斬新な手がいくつも見られました

そこで日本棋院ではコンピュータ碁に詳しい王銘エン九段マイケルレドモンド九段大橋拓文六段の3棋士による「Master」の棋譜解説会(※無料)を1月22日(日)、29日(日)13時~15時に開きます

また、3月に開催されるワールド碁チャンピオンシップ、中国のトップ棋士との対局が噂されているアルファ碁など、これからのAI碁についてのトークもあると思いますので、どうぞお見逃しなく!!

※囲碁AI「Master」解説会(1/22&29)について詳しくはこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルファ碁が日本囲碁ジャーナリストクラブ賞受賞

2016-12-19 17:37:09 | 日記
既に第一報が流れていますが、
アルファ碁(グーグル・ディープマインドの開発チーム)が第34回日本囲碁ジャーナリストクラブ賞に選ばれました



同賞の規定では、日本囲碁界の発展に寄与した事象に携わった人物、団体などを顕彰するとあります。
歴代の受賞者には、藤沢秀行名誉棋聖、坂田栄寿名誉本因坊(受賞当時の称号)などの大棋士のほかに、普及に貢献した漫画ヒカルの碁のほったゆみ氏と小畑健氏、さらにはナショナルチーム「GO碁ジャパン」も受賞しました。

同賞は日本棋院と、日本棋院とともに棋戦を共催する通信・新聞・放送各社の代表者の投票で決まります。
今年活躍した井山裕太棋聖(前人未到の七冠達成)とアルファ碁とで票が真っ二つに割れ同数だったため、決戦投票を行い僅差でアルファ碁が選ばれたとか。
碁界はもちろんのこと、全世界に与えたインパクトの大きさが受賞の決め手になったのでしょうか。

実は、先週の金曜日に行われた授賞式には、わざわざグーグル・ディープマインド社(英国ロンドン)からこの日のために派遣されたトーマ・ユベール氏が参加。


また、グーグル・ディープマインド社の創業者で最高経営責任者であるハサビス氏からのビデオレターメッセージも紹介されました。




来年アルファ碁が再び皆様の前に登場するとの発言も!?

詳しい内容は、次号週刊碁で紹介予定です。

***************************************************
【週刊碁】

○日本棋院各売店並び主要駅のkioskなどでお買い求めできます。*280円(税込)

○年間購読(週刊碁会員):年間 13,900円(税込)←「送料無料」となっております。
 お問い合わせは日本棋院普及事業部まで【電話】03-3288-8723

※詳しくはこちら→ http://www.nihonkiin.or.jp/member/goweekly.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界も注目した電王戦!

2016-11-28 15:18:49 | 日記
先週行われた注目の囲碁電王戦
オールジャパンで開発されたというDeepZenGo(コンピュータ囲碁-AI) vs 囲碁界のレジェンド趙治勲名誉名人の三番勝負、皆さんご覧になられましたか?


■DeepZenGoが勝利した第二局の様子

第三局は日本棋院で開催されましたが、テレビ局からの報道陣の数は、井山棋聖が七冠を達成した時(十段戦第4局)と同等数かそれ以上だったかもしれません。


今回の電王戦は一力遼竜星高尾紳路名人、そして最終局は井山裕太六冠ニコニコ生放送で解説。超豪華解説陣でも話題になりました



また、マイケル・レドモンド九段アンティ・トルマネン初段による英語のライブ大盤解説もニコニコで急遽放送が決まり、
海外向けにフェイスブック(棋院英語版ページ)等で直前に告知しましたが、反響は相当なものでした。(その時のフェイスブックページ閲覧者数8500人以上をマーク)

時差があるにもかかわらず、欧米から1万人以上が英語解説のニコニコ放送を視聴していたようです。
※欧州では現地時間の午前4時(もしくは午前5時)からの対局開始になりましたので、開始時間帯がもう少しずれていれば、その何倍もの人が欧米から観戦したのではと予測できます。



先日、その英語での大盤解説を視聴した外国人からメッセージ(フェイスブックページへ)をいただきました。
                ↓
Thank you The Nihon Ki-in, niconico, Michael Redmond, Antti Törmänen
and everyone else concerned for the great broadcasts on the Cho Chikun vs DeepZenGo.
I hope this is just the beginning, and we will see more English broadcasts from Japan in the future!
(趙治勲先生とDeepZenGoの対局を英語で放送していただいた日本棋院、ニコニコ動画、レドモンド九段、トルマネン初段、
 またその他の関係者に感謝いたします。このような英語の実況を今後も期待しています!)


尚、只今発売中の週刊碁最新号ではトップ面~3面まで、対局者の感想と電王戦の全棋譜が解説されています。どうぞご覧ください

***************************************************
【週刊碁】

○日本棋院各売店並び主要駅のkioskなどでお買い求めできます。*280円(税込)

○年間購読(週刊碁会員):年間 13,900円(税込)←「送料無料」となっております。
 お問い合わせは日本棋院普及事業部まで【電話】03-3288-8723

※詳しくはこちら→ http://www.nihonkiin.or.jp/member/goweekly.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Youは何しに日本へ!

2016-11-08 14:30:47 | 日記
テレビ東京系列の人気番組Youは何しに日本へをご存知ですか?

以前、このブログで某テレビ局の某人気番組が「日本棋院サマーGOキャンプ」に取材に来たことをお伝えしましたが、
その番組とはYouは何しに日本へ?でした 




日本棋院サマーGOキャンプに参加した級位者のイギリス人を番組が完全密着!
日本棋院での囲碁修行の様子、宝酒造杯東京大会に参戦した様子など、いろいろ面白い内容になっているものと思われます

放送予定日は11月14日(月)(※午後6時55分~)
ぜひ、ご覧ください

※予告編はこちらから

***************************************

テレビ東京「Youは何しに日本へ?」
放送予定日: 11月14日(月)18:55~20:00
内容:
日本棋院の「サマーGOキャンプ」に参加するために来日したイギリス人に密着し、
囲碁の奥深さ、難しさを密着した外国人を通して知っていく番組内容。
最初は対戦に負けていたが、対局をしていくにつれ、次第に勝てるように・・・
番組ホームページ: http://www.tv-tokyo.co.jp/youhananishini/ 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今、タイ、シンガポール、マレーシアが熱い!!

2016-11-04 14:30:13 | 日記
国際交流基金アジアセンターの助成を受けて、
9月にタイ、シンガポール、マレーシアの3カ国に、学校囲碁普及活動を主目的として、
タイには、松本武久七段王唯任五段
シンガポールとマレーシアには水間俊文七段小松大樹二段が派遣されました。

それでは現地での様子をハイライトシーンのみですがご紹介したいと思います
まずは、囲碁人口が‘100万人’とも言われているタイから。

↑地元の大学で行われている囲碁授業についての説明会&ディスカッションの様子

↑タイ囲碁協会会長のコルサック氏(中央)

◆現地高校の囲碁活動の様子(チェンマイとバンコク)




続いては、組織力がしっかりしているシンガポール

シンガポール囲碁協会の拠点となっている建物(※応昌期財団から寄付されたものだそうです)

↑シンガポール囲碁協会が主催するこども囲碁教室の様子(※講師は副会長でインストラクターのジェームス氏)

◆現地名門小学校での入門教室

◆高校での囲碁課外授業の様子




最後は若者への普及に熱を入れているマレーシア

↓幼稚園での囲碁入門教室


◆中・高一貫校での囲碁課外授業の様子




◆小学校での囲碁課外授業の様子


尚、現在、発売中の週刊碁11月7日号にて、
王唯任五段、小松大樹二段のレポート記事が掲載されています。

***************************************************
【週刊碁】

○日本棋院各売店並び主要駅のkioskなどでお買い求めできます。*280円(税込)

○年間購読(週刊碁会員):年間 13,900円(税込)←「送料無料」となっております。
 お問い合わせは日本棋院普及事業部まで【電話】03-3288-8723

※詳しくはこちら→ http://www.nihonkiin.or.jp/member/goweekly.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加