対話とモノローグ

        弁証法のゆくえ

原点0

2014-11-30 | まちがい発見
 『古典力』(齋藤孝著、岩波新書、2012年)。「第三章 マイ古典にしたい名著五〇選」は、とりあげた古典の内容が、見開き1ページに、要領よくまとめられていて感心する。

 「方法序説(デカルト)」に気になるところが、一か所あった。

 解説は、次のように始まっている。

 「われ思う、ゆえにわれあり」は、言葉としてはだれもが知っている。しかし、この言葉を自分の存在の根本原理として生きている人がどれだけいるだろうか。この本を読めば、この言葉が、人としての原理であると同時に学問の原理であることがわかる。

 そして、内容の紹介があり、次のように終わっている。

 デカルトは、x、y、z軸の空間座標を開発した。各人が宇宙の原点0となるのが、「われ思う、ゆえにわれあり」だと私には思える。

 とてもよくまとまっているのだが、残念なことに、「原点0」の「0」に「ゼロ」とルビがふってあるのだ。画竜点睛を欠く、というべきだろう。

 原点はOrigin のO(オー)である。原点Oであり、座標にもOと表示するのであって、0ではないのである。「方法序説」には、ここだけにルビが振ってある。他の名著の解説には、まったくないもの、いくつもあるもの、さまざまである。ルビは、齋藤氏の指示だったのだろうか。それとも読みやすくするために編集者の判断で行われたのだろうか。

 注意深く見ると、たしかにアルファベットのOではなく、算用数字の0である。齋藤氏が「ゲンテンゼロ」と打ち込んで変換され出てきたのが「原点0」。その原稿に編集者がゼロとルビを振る。原点Oを知らない二人の共演だったのであろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出理・入理・作理3

2014-11-28 | ノート
 アリストテレスは『分析論前書』において論理的推論の型として「演繹」と「帰納」のほかに「還元」というものをあげた。

   「演繹」συναγωγή(シナゴーゲー)
   「帰納」ἐπαγωγή(エパゴーゲー)
   「還元」ἀπαγωγή(アパゴーゲー)

 アリストテレスの
 
     συναγωγή  
     ἐπαγωγή
     ἀπαγωγή  
は、
     συν-  αγωγή  
     ἐπ-  αγωγή
     ἀπ-  αγωγή

と分節することができ、運ぶや導くを意味するἀγωγή本体と接頭語(συν- 、ἐπ- 、ἀπ- )の結びつきから作られていることがわかり、「論理的推論の型」が用語にも表れていて、内容が統一的に把握できるようになっている。

    出理・入理・作理
    出理・入理・作理2

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

抽象的なものの枷

2014-11-27 | ノート
 この言葉は、『法の哲学』序文にある。「ここに薔薇がある、ここで踊れ」の直後の段落である。
 さっきの慣用句は少し変えればこう聞こえるであろう――

   ここにローズ(薔薇)がある、ここで踊れ。

 自覚した精神としての理性と、現に存在している現実としての理性との間にあるもの――まえのほうの理性をあとのほうの理性とわかち、後者のうちに満足を見いだせないものは、まだ概念にまで解放されていない抽象的なものの枷である。
 理性を現在の十字架における薔薇として認識し、それによって現在をよろこぶこと。この理性的な洞察こそ、哲学が人々に得させる現実との和解である
 「抽象的なものの枷」が捉えにくかった。「抽象的なものの枷」の格助詞「の」は、「限定」なのか「同格」なのかがすぐにはよくわからず、しばらく空白が続いた。ヘーゲルの本、これは限定である。哲学者のヘーゲル、これは同格である。「抽象的なものの枷」の格助詞「の」は、同格と解釈するのだろうと落ち着いた。

 ここのところをヘーゲルは次のように書いている。
Was zwischen der Vernunft als selbstbewußtem Geiste und der Vernunft als vorhandener Wirklichkeit liegt, was jene Vernunft von dieser scheidet und in ihr nicht die Befriedigung finden läßt, ist die Fessel irgendeines Abstraktums, das nicht zum Begriffe befreit ist.
 日本語とドイツ語を比べてみると、訳者の藤野渉氏はヘーゲルに忠実に訳していることが見て取れる。しかし、ドイツ人が、die Fessel irgendeines Abstraktumsを読んだとき、私が限定か同格かで迷い、空白を感じるようなことは起こらないのだろうか。起こるのではないかと思われる。
 いま、上の枝葉を取り払い、幹だけ取り出してみる。( )内が枝葉である。
Was (zwischen der Vernunft als selbstbewußtem Geiste und der Vernunft als vorhandener Wirklichkeit liegt), was( jene Vernunft von dieser scheidet und in ihr nicht die Befriedigung finden läßt), ist die Fessel irgendeines Abstraktums, (das nicht zum Begriffe befreit ist.)
   Was… ,Was… ist die Fessel irgendeines Abstraktums

 日本語だと、

    …もの―…ものは抽象的なものの枷である

 ドイツ語はWas(もの)が先行する。これに対して日本語は(もの)があとに来るので、ドイツ語の方が意味をつかみやすいであろう。しかし、Fessel と Abstraktums、枷と抽象的なものとが結合しているので、ドイツ語も日本語も意味をつかむまでに空白が生まれる可能性はあると思われる。

    「Was」?「もの」?

 これに対して、英語の翻訳はよく工夫されているようにみえる。同格であることがはっきりしているのである。
The barrier which stands between reason, as self-conscious Spirit, and reason as present reality, and does not permit spirit to find satisfaction in reality, is some abstraction, which is not free to be conceived.
 枝葉をとって、幹をみよう。
The barrier (which stands between reason, as self-conscious Spirit, and reason as present reality, and does not permit spirit to find satisfaction in reality), is some abstraction,( which is not free to be conceived.)
    The barrier is some abstraction.
  
 barrier とabstractionは分離していて、同格であることが明確になっている。

 このように、日独英を比べてみると、英語が一番わかりやすいのではないだろうか。

 さて、こうしてヘーゲルは次の段落で、「抽象的なものの枷」を取り去って、「理性を現在の十字架における薔薇として認識し、それによって現在をよろこぶこと」へと歩を進めよと述べていくのである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フォイエルバッハのロドス

2014-11-26 | ノート
 「踊るのか、跳ぶのか」を読み直していて、思い出したことがある。フォイエルバッハがどこで「ここがアテネだ、ここで考えろ」で述べていたかを調べていたときのことである。

 そのころ(2007年)は、学生時代に読んだ本は、手元になく確かめられなかったので、近くの図書館で調べたのである。『唯心論と唯物論』という本にあったのだが、記事では、岩波文庫と角川文庫の二つから引用した。実際に学生時代に読んだのは、角川文庫の方だった。いまは手元にあるので、確かめることができる。持っていたのは、昭和46年8月30日発行の15版である。定価140円。パラフィン紙のカバーが付いている。記事には初版を1962年と書いているが、1955年の誤りである。

 また、記事に「本には、ラテン語は並記してなかったので、『資本論』のHic Rhodus,hic salta! を参考にして、作文しようと思ったのである」と書いている。作文しようと思ったのは、卒業してから10年ほどたっていた頃である。

 参考にしたのは、『資本論』のHic Rhodus,hic salta! だったのだろうか。それとも、この本の訳注にあるhic Rhodus,hic salta(ここがロドスだ、ここで踊れ)だったのだろうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

rodonからrosaへ

2014-11-25 | ノート
 「踊るのか、跳ぶのか」で ヘーゲルの「ここに薔薇がある、ここで踊れ!」をラテン語で次のように表現している。

   Hic rodon, hic salta!

 これは、堀江忠男氏の翻訳をそのまま引用したのだと思う。しかし、これはギリシアなまりの薔薇というべきである。ギリシア語のロドス(島の名)をロドン(ばらの花)に言い替えたヘーゲルの薔薇としてはふさわしいのかもしれない。しかし、純粋のラテン語の薔薇ではない。ラテン語ではrosaである。

   Hic rosa, hic salta! (ここに薔薇がある、ここで踊れ!)

に訂正することにしよう。(ブログだけ、ホームページはそのまま)

      「踊るのか、跳ぶのか」(ブログ)

      「踊るのか、跳ぶのか」(ホームページ)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加