対話とモノローグ

        弁証法のゆくえ

「夢 dream 」と弁証法

2011-09-04 | ノート

 國重友美氏の「英漢字」は「弁証法」である。

Dream

 漢字の「夢」はA =a+bi、
 英語の「dream」はA' =c+di、

 「夢 dream」は、

  A×A' =(a+bi)×(c+di)
      =(ac-bd)+(ad+bc)i
      =x+yi
      =B

という過程(つながるかたち)を経て、形成されたと考えられるからである。

 核心にあるのは、「夢」と「dream」の対話(ひろがるかたち)

    c ← bi + a → di
    +    ↑   ↓    +
    bi ← c + di → a

である。

 参考

Kaisetu

  夢dream 海SEA 和PEACE

コメント
この記事をはてなブックマークに追加