対話とモノローグ

        弁証法のゆくえ

柿花落

2017-05-17 | 日記
柿の花が大量に落ちている。昨年はミカンで、今年はカキ。花ボケで、生理落花しているのだと思った。花の数が多いのである。

しかし、調べてみて、これまで気づかなかっただけで、正常なのかもしれないと思えるようになった。「花は終わりかけになると、ボトボトッと、音をたてて地面にどんどん落ちる。その場に居合わせると壮観」とあった(「季節の花300」)。「柿花落」という季語もあるという。読みは「かきのはなおつ」らしい。知らないことばかりである。この柿は渋柿だが、その種類を知らない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 双葉 | トップ | 紫蘭 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。