対話とモノローグ

        弁証法のゆくえ

柿花落

2017-05-17 | 日記
柿の花が大量に落ちている。昨年はミカンで、今年はカキ。花ボケで、生理落花しているのだと思った。花の数が多いのである。

しかし、調べてみて、これまで気づかなかっただけで、正常なのかもしれないと思えるようになった。「花は終わりかけになると、ボトボトッと、音をたてて地面にどんどん落ちる。その場に居合わせると壮観」とあった(「季節の花300」)。「柿花落」という季語もあるという。読みは「かきのはなおつ」らしい。知らないことばかりである。この柿は渋柿だが、その種類を知らない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 双葉 | トップ | 紫蘭 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事