対話とモノローグ

        弁証法のゆくえ

a man

2016-10-19 | ノート
ボブ・ディラン「風に吹かれて」の冒頭、
How many roads must a man walk down
Before you call him a man?
これを例えば、「男はどれだけの道を歩けば、一人前と認められるのか」と訳すのは間違ってはいないが、人生修業のように捉えるのは全くの誤解である。a manの背後にはa boyがあり、黒人の大人がboyと呼ばれた時代が背景にある。黒人を人として認めるかという問いである。1960年代、公民権運動の中心で歌われていたのである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひらがな弁証法 | トップ | じんましん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。