対話とモノローグ

        弁証法のゆくえ

シャガ

2017-04-20 | 日記
著莪(しゃが)は一日花である。一日で散る花。4株のうち1株だけ6輪咲いていた。これははじめてのような気がする。次に咲くつぼみも見える。残りの3株はどれも3輪咲いていた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幻視のなかの橋5 | トップ | ベニシジミ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。