対話とモノローグ

        弁証法のゆくえ

イヌセンボンタケ

2017-07-06 | 日記
朝6時半のラジオ体操が一日の始まりである。庭に出てやっている。今朝、足元に白いキノコが1本生えていることに気づいた。台風が来る前に、ここは草刈り機で刈った場所だったので、よく残っていたなあと思った。また、ここは剪定した枝を切断したり束ねたりしている場所なので、枝や葉についていた菌が落ちたのかもしれないと思った。体操が終わった直後に撮った。

今日は晴天で、午前中は毛布も含めて洗濯を3回やった。布団も天日干し。途中、白いキノコを確認しに行くと日光が当たっていて、頭の茶色だけで白い部分はなくなっていた。地面に落ちた様子もなく枯れている感じであった。
調べてみた。イヌセンボンタケ(犬千本茸)だろうか。形が似ている。日に当たると短時間で変色し干からびる特徴。イヌセンボンタケは切り株や腐った木などに群生するのだという。この群生が「千本」の由来だろう。庭に生えていたのは、犬千本茸、一本だけ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 万両のつぼみ | トップ | 樒(シキミ)の実(ミ) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。