対話とモノローグ

        弁証法のゆくえ

円から楕円へ

2017-06-30 | 楕円幻想
8分の誤差がわかった。その後のあらすじ。
ケプラーは地球の軌道を正確に決定する。そのとき三角測量ができるような固定点(アインシュタイン)を使う。固定点とは公転周期687日ごとに再帰する火星である。地球の等化点モデルが確認され、また面積速度一定の法則(第2法則)が導かれた。
そして、ケプラーは正確になった地球の軌道をもとに、火星の軌道を確定する。火星の等化点モデル、8分の違いを確認し、また20個の火星‐太陽距離を計算する。火星の軌道は円ではない。「相対する2つの端で内側へ平たくなっている円」(ケストラー)のようなのであった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 枇杷の実、収穫おわり | トップ | 視覚的均差と直径距離 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。