対話とモノローグ

        弁証法のゆくえ

スズメ

2017-03-20 | 庭に来る鳥
二十四節気をさらに3つに分けた七十二候(しちじゅうにこう)があるという。立春、雨水、啓蟄、春分と来て、春分の初侯が「雀始巣(すずめはじめてすくう)」、次候が「桜始開(さくらはじめてひらく)」、末候が「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)」である。
「雀始巣(すずめはじめてすくう)」は、スズメが巣をつくるために、群れのなかからカップルができる時期だという。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひよどり | トップ | 幻視のなかの橋4 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

庭に来る鳥」カテゴリの最新記事