対話とモノローグ

        弁証法のゆくえ

スズメ

2017-03-20 | 日記
二十四節気をさらに3つに分けた七十二候(しちじゅうにこう)があるという。立春、雨水、啓蟄、春分と来て、春分の初侯が「雀始巣(すずめはじめてすくう)」、次候が「桜始開(さくらはじめてひらく)」、末候が「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)」である。
「雀始巣(すずめはじめてすくう)」は、スズメが巣をつくるために、群れのなかからカップルができる時期だという。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひよどり | トップ | 幻視のなかの橋4 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。